This website requires JavaScript.
公開日:
更新日:

新入社員に対する研修のポイントとは

新入社員研修を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。どのような点に気を付ける必要があるのでしょうか。

学生から社会人への切り替えを行う

新入社員研修とは、その企業の社員としてふさわしいマナーや行動、考え方を身に付けるための研修です。研修では、社会人であれば身に付けておくべきマナーや言葉遣いを学んだり、企業で扱うサービスや商品に関する知識、社内ルールを学んだりします。座学やケーススタディ、レクリエーション、OJTなど、内容や人数に合わせてさまざまな方法で行います。新入社員研修は、社会人への切り替えをしっかり行える内容にすることが大切です。

社会人は学生と何が違う?

学生と社会人では、考え方や取るべき行動に大きな違いがあります。学生は学びが中心となるため、自分が知りたいことを学んだり好きなことに取り組んだり、自分の希望を基に行動できます。一方、社会人になるとお客様や上司とのかかわりが不可欠となるため、自分だけでなく相手のことを考えて仕事を進めていかなければなりません。

社会人への切り替えがうまくいかないとどうなる?

社会人への切り替えがうまくいかないと、職場に馴染めないだけでなく、ほかの社員と協力できないため仕事がスムーズに進まないなどの弊害が生じる可能性があります。状況によっては、お客様からの信頼を失うこともあるでしょう。この場合、該当の社員だけでなく企業としての信頼を失う恐れも考えられるため、企業のイメージを落とさないためにも新入社員研修は重要です。

企業理念・社内ルールを理解してもらう

新入社員には企業の考え方や価値観といえる企業理念や、企業独自の仕事の進め方や身だしなみといった社内ルールを理解してもらう必要があります。なぜなら企業理念を理解することで仕事に対する姿勢を明確にし、社内ルールを理解することで円滑に仕事を進められるからです。1度の研修で企業理念をきちんと理解するのは難しいため、定期的かつ段階的に学べるプログラムを組みましょう。

仕事で必要な技術(ビジネスマナー)・事業内容を知ってもらう

企業の一員として円滑に仕事を進めるためには、ビジネスマナーの習得や事業内容の把握が必要不可欠です。身だしなみや言葉遣い、名刺の渡し方など、社会人であれば当然のマナーを守れなければ、取引先からの信頼も得られません。また事業内容を把握して企業全体の流れを理解しておくことで、自分の仕事が企業にどのような影響を与えるのかを実感できるでしょう。

同期や先輩社員などと人脈を形成してもらう

仕事を進めるうえで、チームワークは大切なポイントです。なかには個人で進められる仕事もありますが、分からないことや困りごとがあったときに相談できる人がいなければ、行き詰まってしまうでしょう。新入社員研修で同期や先輩社員との人脈を形成しておくことで社内のチームワークの向上や、安心して仕事を進められる環境作りにつながります。

入社後のトラブルを抑制する

インターネットが著しく発達した現代は、SNSなどを利用して誰でも手軽に情報発信ができます。そのため、何気なく投稿した内容に、企業の重要な情報が含まれていたというトラブルも考えられます。情報漏洩は企業の存続にもかかわる問題です。情報の取り扱いといったコンプライアンスに関する研修は特に力を入れましょう。

新入社員研修を成功させるポイントを解説

新入社員研修を成功させるためのポイントは、大きく分けて4つあります。ここからは、それぞれのポイントについて解説します。

研修の目的を設定する

新入社員研修を行う際は、具体的な目的を設定することから始めます。目的を設定することで、研修をどのような内容にするのか、受講者は何を目標に研修を受けるのかを明確にしておけるからです。例えば、接客業務が多い企業であれば「社会人としてふさわしいマナーや言葉遣いを身に付け、お客様からの信頼を得られる人材を育てる」など、できるだけ具体的な目的を設定しましょう。すると研修担当者は、研修で取り入れるべき内容や適する研修方法が自ずと見えてきます。研修前に具体的な目的を提示すれば受講者は身に付けるべきことや、習得した内容をどのように活かせるかなどを意識して研修を受けられます。

新入社員のレベルにあわせた研修を考える

同時に入社する新入社員でも、レベルはさまざまです。これまでにアルバイトやインターンなど、何らかの形で社会人経験がある人と社会人経験がまったくない人では、習得しているマナーや仕事に対する心構えが異なる傾向があります。先に新入社員のレベルを把握しておけば、社会人経験のある人はレベルアップを目指す、社会人経験のない人には一から丁寧に教えるなどレベルに応じた研修が可能です。それぞれに合った研修を実施することで、効果的なスキルアップが見込めます。

適切な研修方法を検討する

研修方法には複数の種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。研修の内容によっても効果的な方法は異なるため、適切な方法を検討することも大切なポイントです。不適切な研修方法で実施すると、新入社員の理解度が低くなったり、納得できる研修の効果がみられなかったりします。研修方法ごとの特徴を理解し、研修内容に合わせて組み合わせることが大切です。以下では具体的な研修方法の特徴をいくつか紹介します。

ケーススタディ

仕事で実際に起こりうる事例を取り上げて、対応を考えるのが「ケーススタディ」です。現場で役立つスキルが身に付きやすい一方で、ある程度の知識を得てからでないと効果を十分に発揮しにくい特徴があります。

レクリエーション

ゲーム感覚の「レクリエーション」は、新入社員の緊張を解きながら交流を深められる研修方法です。ウォーミングアップに行うのが適しています。

OJT

先輩社員についてもらい、実際に現場で経験を積むのがOJTです。ただし、実務に取り組めるレベルに達した新入社員でなければ、業務に影響を及ぼす可能性があります。

座学

まとめて知識を伝えたい場合には「座学」が向いています。座学のみの研修では、一方通行の研修になりがちですのでその他の方法と組み合わせることで知識の定着を促しましょう。

それぞれの特徴を理解した上で研修設計を行いましょう。

必要に応じて外部のサービスを利用する

人手が足りない、自社だけの力で研修を成功させるのが難しいといった場合は、外部の専門サービスを利用するのもひとつの方法です。外部のサービスを利用することで、自社には持ち合わせていなかった知識を伝えられたり、企業の問題点を指摘してもらえたりするメリットもあります。ただし、外部のサービスを利用する際は研修講師の選定を慎重に行うこと、担当の講師に明確な研修の目的を伝えて綿密に打ち合わせをしておくことが大切です。講師の質を確認せずに価格だけで利用先を決めたり、研修の内容などを丸投げしたりすることは避けましょう。

新入社員研修を実施する際の注意点とは

新入社員に新卒社員と中途社員がいる場合は分けて研修をしたほうが効率的です。分けて研修をすると、社員のレベルに合わせた研修が行えます。また研修を行うことが目的ではないため、適切な難易度の目標を設置することも大切です。目標が高すぎると受講者がついていけなくなる可能性があるので、努力によって達成可能な目標を設定しましょう。 また、金銭的なトラブルが発生しないよう、どこまでを労働時間とするのか研修中は給与や残業が発生するのかも明確にしておきます。宿泊を伴う研修の場合は、研修場所の近くの宿泊場所を選び、個室を用意すると受講者が快適に研修を受けられます。

まとめ

新入社員研修は、学生から社会人に切り替えるための大切なポイントです。研修を成功させるためには、目的や内容を熟考しなければいけません。研修方法にはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴を理解し、慎重に検討しましょう。

自社での対応が難しい内容がある場合は、人材コンサルティング専門会社に外注する方法もあります。アチーブメントHRソリューションズ株式会社では、課題に合わせたカスタマイズ研修で、成果の出る社員研修を自信を持ってお届けします。新入社員研修は、アチーブメントHRソリューションズ株式会社にお任せください。

「まずは説明を聞いてみたい」「どんな研修か体験したい」という皆様はセミナーにご参加ください。

アチーブメントHRソリューションズ
について詳しく知る

資料DL
お気軽にご相談ください
体験セミナー
人事担当者・経営者向けのセミナーを開催中!