This website requires JavaScript.
公開日:
更新日:

採用面接は選考ルートの中でどの企業も必ず実施するのではないでしょうか?それは、書類では見抜くことができない応募者の能力を質問によって図ることができるからです。企業のステージや職種によって、求められる能力も異なりますが、今回はその中でも絶対に外せない「ヒューマンスキル」を採用面接でいかに見抜くのか?実際の採用現場でも使用されている見るべきポイントも合わせてお届けします。

採用面接で見抜くことができるものは何?

能力適性や自社とのマッチングを見抜くために実施される採用面接ですが、大前提として採用面接で何がわかるのかを理解している必要があります。それを理解せずにただ採用面接を実施したところで、感覚や印象で意思決定をしてしまい、入社後のミスマッチを引き起こすことになりかねません。ここでは採用面接の場面でいったい何がわかるのかをご紹介させていただきます。それぞれ項目において自社の基準をイメージしながら見ていただければと思います。

質問に対する返答の内容でわかること

性格や人柄

自己評価と他者評価について質問することで、相対的に応募者のことを知ることができます。具体的なエピソードをさらに深堀りする質問をことで、応募者の性格や思考・行動パターンの特徴も知ることができます。

自社の理念や文化とのマッチング度

自社の企業理念のどこに共感をしているのか、これまでどんな判断基準で物事を選択してきたのかを質問することで、応募者の判断基準が自社の判断基準と合っているのかを確認でき、自社の理念・文化とのマッチング度を図ることができます。

論理的思考力

過去の失敗経験のエピソードとその克服方法について質問すると、課題発見を適切におこなっているか、解決に対して筋道をたてて考えられるか、必要なポイントを割り出せているかといった論理的思考力を知ることができます。

質問に対する受け答え方でわかること

コミュニケーション能力

採用面接をしていく中で、こちらからの質問を理解しきちんと回答できるかどうか、ポイントをまとめて答えることができるかや、採用面接中の表情・しぐさ・ジェスチャーなどの非言語的なコミュニケーションまで総合的に測ることによって、自社におけるビジネスシーンで求められる水準を満たしているかを確認することができます。

プレゼンテーション能力

「自己PRをしてください」といった質問を通して、プレゼンテーションを行う内容についての十分な理解があるか否か、分かりやすくまとめ、伝わりやすいように話す能力があるか否かといった、総合的なプレゼンテーション能力を知ることができます。

今回着目したいのは「質問に対する受け答え方でわかること」です。このように質問に対する受け答え方でわかる能力は「ヒューマンスキル」と言い換えることができます。採用面接の担当者にとっては、必要な質問を投げかけながら、受け答えの様子を見てこのヒューマンスキルを見抜けるかどうかが腕の見せどころといえます。次は、このヒューマンスキルについて詳しく見ていきましょう。

採用面接の担当者が着目すべきヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキルとは、日本語に訳すと「対人関係能力」です。ビジネスパーソンに必要な3つのスキルのうちの1つと言われています。他には「テクニカルスキル」や「コンセプチュアルスキル」がありますが、いずれも階層によってその必要度が異なります。しかし、ヒューマンスキルは全階層において等しく重要と言われています。

なぜ昨今、このヒューマンスキルが重要視されているのでしょうか?

一つは、働き方改革に起因しています。高い水準のコミュニケーションによって円滑に業務を遂行していくことや、職場環境や人材にも多様性が求められている中で、基本的なヒューマンスキルが欠落していると業務が思うように進まなくなってしまいます。

もう一つの理由は、人財時代であることです。少子高齢化に伴って労働人口が減少している中、人材は貴重な資源といえます。高度経済成長期の一括採用にみられた多産多死型の人材戦略から、個人のポテンシャルを引き出し、主体的な成長を促す育成型の戦略にシフトしていく中で、ヒューマンスキルはまさに必要最低限求められるスキルに位置付けられています。

ヒューマンスキルが特に求められる階層・職種例

ヒューマンスキルは一般社員から管理職クラスに至るまで必要なスキルではありますが、その中でも特に求められる階層・職種を具体的にご紹介しますので、自社で応募している階層・職種ではどのくらいヒューマンスキルを求めているのか、改めて確認をしてみていただければと思います。

ミドルマネジメント層(部長・課長クラス)

ミドルマネジメント層とは、経営層と現場の中間を繋ぐ管理職層です。この層の人材は他の職種や階層と比較しても格段に質の高いヒューマンスキルが求められます。なぜなら、トップの策定した方針と戦略を現場に伝達・理解を深めさせ、行動に移すための阻害要因をなくす役割を担っているからです。また、現場の声を聴き、トップにフィードバックを行う役割も担っていますので、リーダーシップやコミュニケーションスキル、対人折衝など多岐にわたってヒューマンスキルが求められるのです。

ITエンジニア(SEやプロジェクトマネジャー)

従来はテクニカルスキルを重視されてきたエンジニア職ですが、エンジニアの業務領域が拡大するにあたって、取引先やパートナーなど外部との折衝や、チームを組織化し、プロジェクトを遂行するようになりマネジメントの必要性が生じたという背景があります。 このポジションに就くエンジニアは、自身の業務だけではなく、プロジェクト全体を俯瞰してタスクを配置し、メンバーの進捗確認やコミュニケーションを取りながら進行していく必要があるため、ヒューマンスキルの強化が求められます。

ヒューマンスキルを見抜くために注目すべきポイント

では、実際にこのヒューマンスキルを見抜くためには採用面接を行う中で注目すべきポイントはどこでしょうか? 質問で体系的に把握することのできる過去の職務経験や応募者のポテンシャルなどと違って、ヒューマンスキルは実際に対面した上で、その際の態度や言動といったノンバーバル(非言語)コミュニケーションや、受け答えの中から見抜くことが必要となります。以下にヒューマンスキルを見抜くために採用面接中に注目すべきポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

採用面接中の態度・言動

適切なアイコンタクトができているか

「人と話すときは相手の目を見て話す」というのはコミュニケーションの基本です。だからといって一分の隙も見せないくらい、一点集中されても不気味なものです。なにごとも適切な度合いが存在しますのであくまで「適切なアイコンタクト」を交わせるかどうかもひとつの判断基準にしましょう。

適度なうなずき・あいづちを打てているか

こちらもコミュニケーションにおける基本ですが、傾聴力をもって人と接し、快適なコミュニケーション環境を整えることができるか否かは特に他の人が絡む仕事であればあるほど、外せないポイントといえます。例えば、あいづちが多すぎたり、気に障るほどうなずきが多いと、本当にわかっているのか?聞いているのか?と疑問を覚えます。相手の話を受け入れているかどうかを見抜くには、うなずきやあいづちの打ち方でも判断できるでしょう。

相手に合わせたスピードで話ができているか

緊張しているのか、元々せっかちな性格なのか、息をもつかせぬ早口で会話を展開する人もいれば、逆に非常にゆっくりなテンポで会話を展開する人もいます。キャパシティを超える早さで話されても、相手の頭に内容は入っていきませんし、逆に遅すぎてもペースが合わず、時間もかかってしまい、業務をしていく上ではいずれも支障が出てしまいます。相手に合わせたコミュニケーションがとれることも重要な対人関係能力のひとつですので見抜くべきポイントとして押さえておくといいでしょう。

質問の受け答え

質問に対して、端的に回答できているか

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは日常生活で友人や家族に対して行うよりも論理性や効率性を求められます。そのため、いかに相手の質問の意図や欲している答えを理解し、無駄なく筋道の通った回答を返せるかという基本的なやりとりができるかどうかを見抜くことも大切なポイントです。採用面接の質問に対する回答でその能力は十分に測ることができます。

質問に対して、自分の言葉で回答しているか

質問に対しての回答や主張を形式ばった暗記文章の読み上げではなく、自分の言葉で話せるかどうかは、自分の考えを持った上で相手に伝えることができるかどうかという基本でもあります。また、予定していない質問に対して臨機応変に回答ができるかどうかも、日頃から考えをまとめる習慣ができているかを見抜く、ビジネスにおいて欠かせないポイントといえます。

本当に質の高い人材を見抜くために

今回の記事では、採用面接でわかることや、その中で特に大切なヒューマンスキルについてお届けしました。

ベンチャー企業の採用活動ではコストや企業ブランド力の観点から不利な面は多いかも知れませんが、だからといって求める人材の水準を下げるわけにはいきません。人数規模からいっても、その一人の影響はベンチャー企業にとってはとても大きいものだからです。応募者の能力を適切に見抜けなければ組織の衰退を創り出す要因にもなりかねません。

そして、一般社員から管理職クラスに至るまで必要なスキルでもあるヒューマンスキルは採用面接において絶対に外せないポイントです。しっかりと採用面接を通して本当に質の高い人材を見抜けるかどうかが企業の命運を分けるといっても過言ではありません。ぜひヒューマンスキルを見抜く採用面接のトレーニングをすることをおすすめします。

人材採用に関するご支援なら
アチーブメントHRソリューションズへ

詳細はこちら
お気軽にご相談ください
アチーブメントHRソリューションズ
について詳しく知る