レジリエンスとは?意味と効果、高めるために欠かせない6つの要素を紹介

レジリエンスとは、「回復力」「復元力」または「弾力性」とも訳され、ストレスと言った外的な刺激に対する柔軟性を表す言葉です。ストレス社会と言われる現代において、レジリエンスは心身ともに健康を保ち、仕事で成果を出すために必要な要素として注目され続けています。今回は、そんなレジリエンスについての基本とレジリエンスによってもたらされる効果、またレジリエンスを高める要素をご紹介します。

レジリエンスとは

「レジリエンス」とは元々、工学や物理学の世界で使われていた言葉です。物質や物体に対して外力が加わると変形します。そのときにどれくらいその力を吸収できることができるか、また、どれくらいその力を取り除いて元の形に戻ろうとすることができるか、この一連のやり取りに関係するのが、物質や物体の持つ「レジリエンス」です。レジリエンスはその後、自然や動物の生態環境学や、人間の社会環境システム、そして心理学でも使われる言葉となりました。経済的なレジリエンス、都市国家のレジリエンス、そして心理学的レジリエンスなどです。

いずれの分野においてもレジリエンスは、変形から元の形に戻ろうとする「弾力性」、変化や変動に対する反応としての「復元力」や「回復力」という意味で使われています。

心理学的レジリエンスとは

心理的レジリエンス(psychological resilience)には、実のところ一貫した定義がありません。アメリカのシンクタンクであるランド研究所によると、レジリエンスの定義は122個あるとも言われています。ですが、その中でも最も広く使われている定義では、「逆境に対する反応としての精神的回復力や自然的治癒力」「ストレスや逆境にさらされても、適応し、自分の目標を達成するために再起する力」と表現されています。

レジリエンスに関する研究の推移

初期のレジリエンスの研究では、逆境体験や精神疾患といったネガティブな出来事(危険因子)が人生に及ぼすであろう悪影響に注目していました。しかしそんな常識を覆して、健常な成人を対象としたレジリエンス研究が始められました。それがハーバード大学医学部によって1938年から続けている「発達に関するハーバード研究(通称「グラント研究」)」です。グラント研究で対象となったハーバード大学の学生達の中から、その後の人生において、心身共に健全な状態で長生きした者、仕事で成功を収めた者など特定していったところ、健常者や成功者には、いずれも高いレジリエンスが確認されました。この研究をきっかけに、以前のようにネガティブな出来事の影響を研究するのではなく、レジリエンスがもたらすポジティブな影響や、レジリエンスを高める方法へと研究内容がシフトして行きました。

レジリエンスの効果

では、レジリエンスが高めることによる効果にはどのようなものがあるのでしょうか?レジリエンスを高めることで得られる具体的な効果には以下のものがあります。

レジリエンスを高める効果

・集中力、活力高く働くことができる
・パフォーマンスを高める
・より創造的、かつ包括的に問題解決ができる
・限られたリソースを最大限に活用できる
・ストレスに、より効果的な対処ができる
・他人や周囲の状況に対して、より効果的に働きかけることができる
・リスクを特定し、対応する能力を高める
・相手の拒否反応や、ネガティブな出来事に上手く対処できる
・営業能力を高める
・(児童の場合)問題行動が減少する

レジリエンスと個人差

同じような困難に直面していても、ピンチをチャンスに変えて人生の成功を掴む人もいれば、ピンチをピンチとも思わずに乗り越えられる人、ピンチが生む不安や緊張に潰されてしまう人など、その捉え方や反応の仕方は人によって様々です。悲惨な幼少期を送った人には悲惨な人生が待っているのであろうという大方の予想に反して、幼少期との因果関係がほとんど見当たらないほど、その後の人生を見事に開花させて幸せに生きている人もいます。

こうした逆境に対する反応の違いは偶然に起きるものではなく、科学的な法則性があることが、レジリエンスに関する研究によって徐々に解ってきました。そういったレジリエンスの個人差の仕組みを表したのが、以下の図です。 

「ストレッサー」とは、ストレスとなる要因のことで、物理的・精神的・社会的な要因などがあります。また、ストレスというとネガティブなものを想像するかもしれませんが、「突然宝くじに当たった」など、予期しない幸運が舞い込んで来るといったポジティブな出来事も含まれます。あらゆる感情は、特定の出来事に対する解釈や評価から生じます。あるストレッサーが加わってストレスが生じるまでには、「一体何が起きているのだろう?」と自分にストレスを引き起こした出来事に対しての解釈や評価が存在します。

「文脈依存」というのは、感情が文脈(その感情を引き起こすきっかけとなった出来事)に対する解釈や評価の内容と連動しているという意味です。文脈と感情を特定する機能とが上手くかみ合わさったときに、人々はストレスを感じ、そのストレスフルな状況を経験することで、私たちは適応する力を伸ばすことができます。一連の心理的プロセスにおいて個人差があるのは、「文脈依存」の段階と、「思考―行動レパートリー」の段階です。

レジリエンスを高める6つのコンピテンシー

では、実際にレジリエンスを高めるためにはどんな要素が必要でしょうか?そこでまず確認したいのが、「レジリエンスは何か特別なものではなく、誰もが持っているものである」ということ。そして、「レジリエンスの高低によって、『できる』『できない』が直接的に変わるわけではない」ということです。

レジリエンスを高めるために必要な能力というのは、私たちのものの考え方やその特徴、感情ならびに行動に対する認識や理解、そして、感じ方や振る舞い方のコントロールなどを含めた、より総合的で複合的な能力です。これらの能力をひとまとめに「レジリエンス・コンピテンシー」と呼びます。レジリエンスは、単なる技術やスキルではなく、マインドにも大きく関わるものであり、このレジリエンス・コンピテンシーを養成することで高めることができます。

レジリエンスを高める6つのコンピテンシー

【自己の気付き】
自己の思考、感情、行動、生理的反応に注意を払う能力

【自己のコントロール】
望ましい結果を得られるよう、自分の思考、感情、行動、生理的状態を変化させられる能力

【現実的楽観性】
ポジティブなことに気付き、期待し、自力でコントロールできるものにフォーカスし、目的を持った行動を起こせる能力

【精神的柔軟性】
状況を多角的に見て、想像的かつ柔軟に考えられる能力

【キャラクター・ストレングス】
最高の強みを活用して、自分の能力を最大限発揮し、困難に打ち勝ち、自分の価値観にあった人生を想像する能力

【関係性の力】
強い信頼関係を気付き、維持する能力

まとめ

働き方改革によって人々の働き方は徐々に自由度を増し、従業員が残業に追われて働き詰になる会社が世間で後ろ指を指されるようになりつつある現代ですが、それでも人々の抱えるストレスはなくならないでしょう。共働きが主流になり、仕事が終わると家事が待っているという家庭では、働き方改革によって楽になったという感覚はあまりないかもしれません。そんなストレス社会で心身ともに健康を保ち、仕事で成果を出すためには、日々自分の周りに生まれる「ストレッサー」にうまく対処していくことが欠かせません。もし、今の生活がストレスに溢れているとしたら、レジリエンスを高めるための第一歩として、自身の思考や感情、行動や生理反応に意識を向けることから始めてみてはいかがでしょうか?

レジリエンスに関連する書籍紹介

著者であるケリー・マクゴニガル氏は、米国スタンフォード大学の心理学者であり、健康心理学という心理学の応用学問の専門家です。特に、健康心理学の中でも、葛藤を乗り越えて目標を実現することに関して研究しています。そんな彼女は、サブタイトルにもあるように、「ストレスとは悪ではなく、エネルギーの源である」と述べています。本書では、ストレスを悪いものと捉えることが悪影響の原因であることが、研究による裏付けと共に紹介されています。また、ストレスを歓迎し、それをエネルギーに変える(昇華する)方法についても記述されています。ストレスや心理的な葛藤にうまく対処したいと考える方におススメの一冊です。

>運営企業

運営企業

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

CTR IMG