This website requires JavaScript.
公開日:
更新日:

クリエイティブ力は日本語で「創造力」のことです。英語で著作権を意味するクリエイティビティと呼ばれることもあり、何もない状態から独自の新しいものを生み出す力のことを指しています。クリエイティブ力のある人は、より多くの計画やイメージを創造して実施、実現することができるため生産性が高いと評価されることも多いです。常に成果を求める企業や組織にとって目標や目的を実現するためには、クリエイティブ力は欠かせない力といえるでしょう。

クリエイティブ力が求められるシーン

実はビジネスでクリエイティブ力が求められるのは、特定の職種だけではありません。クリエイティブ力は、デザイナーやプランナーなどのいわゆる「クリエイター」と呼ばれる職種に限らず、あらゆる職種で必要になる能力なのです。例えば営業や人事の業務の中にも、クリエイティブ力による発想やアイデアを生かせる場面は多数あります。クライアントにより高く評価されるサービスを提案したり、効率的な仕事の進め方を実行したりするのは、クリエイティブ力を活用した行動です。また今後はIT化が進み、ビジネスで必要とされる職種や業務の内容が変遷していくでしょう。そこでクリエイティブ力が求められる仕事が残っていくという考え方もあります。

総務省の情報通信白書では、AIなどの導入が進展すると増えそうな職業として、調査分析や研究開発の他、営業や接客サービスの仕事が挙げられています。その理由は、状況を読みながら****直観的な意思決定をし、新たな価値を創造する人の力がAIに替えられないためです。つまり今後のビジネスでは、よりクリエイティブ力が必要となる仕事が重要視される可能性が高いと考えられているのです。1

クリエイティブ力が高い人の特徴

クリエイティブ力が高い人というのは、生まれながらの才能やセンスがある、芸術家のような人のことではありません。「創造力」という言葉の通り、物事を自らの力で実施したり実現したりする力のある人を指しています。その特長は以下の通りです。

物事への興味関心が高い

クリエイティブ力が高い人はアイデアを実際に創造するために、強い探求心を持って興味や関心があることを追求します。好奇心が旺盛で目指すレベルが高く、とことん調べたり挑戦したりするのが苦になりません。時間を忘れて好きなことに取り組んでしまうという人も多いでしょう。また固定観念にとらわれず変化を利用して新たなものを生み出すため、時代の流れに順応して楽しめる人も多いと考えられます。

インプットとアウトプットが得意 

課題への興味関心が強いと、多くの情報をインプットして分析でき、精度の高いアウトプットが可能になります。例えばクリエイティブ力の高いビジネスリーダーは、情報発信が得意な人が多いでしょう。ビジネスリーダーの立場では、自分の考えやチームの課題を的確な言葉でメンバーに伝えなければなりません。そのため、課題の要素やメンバー1人ひとりの状況などの情報にも気を配り、よく理解した上で発信するので、周囲からの共感を得やすいはずです。 また、物事を多角的に見てインプットしたさまざまな要素から本質を見抜き、解決策を見いだしたり新しい方法をアウトプットしたりできる人も多いです。このような人は一度に複数の情報を把握し、必要な内容を取捨選択して誰にでもわかるように伝えることを得意とします。

実現のために行動でき、チャレンジを繰り返す

行動力がある人は、実際に挑戦して感性を磨いていく機会が多くなるだけでなく、万が一うまくいかなかった場合も次のチャレンジを重ねていけます。失敗と改良を重ねながらトライする回数が多いため、必然的に創造物が増えていくのです。常に新しいことを考えたり、興味関心を持ったりしているため、チャレンジによる失敗を恐れないという点も特徴の1つといえます。

クリエイティブ力は鍛えられる!

ここまで、クリエイティブ力が高い人の特徴を見てきました。このような特徴は生まれ持った才能というわけではなく、自ら望むことで鍛えることができます。アーティストなど、すでにクリエイティブ力が高いと評価されている有名人でさえ、最初は誰かをまねしながら実力を身につけてきたという人も多いのではないでしょうか。既存の物事に自分のアイデアを取り入れて改良を重ねることも、新しいものを生み出す行動の1つです。まずは先人のまねをするところから始めましょう。もちろん、うまくいかない場合もあるかもしれません。しかしクリエイティブ力を手に入れるためには、諦めずに粘り強く挑戦し続ける必要があります。どのような分野でも初めから成功を手にしている人はほんの一握りであり、大半の人は学びながら成長するということを理解した上でトレーニングを行っていけば、クリエイティブ力を高められるはずです。ここからは具体的なトレーニング方法をご紹介します。

具体的なトレーニング方法とは

クリエイティブ力のトレーニングは、日常生活の延長線上で行えます。クリエイティブ力がある人の特長を手に入れるため、以下のような内容に注意を向けながら生活をしていきましょう。

興味関心を高めるトレーニング

興味関心を高めるには、自分の好きなことや得意分野に限らず、日頃から視野を広げて物事に触れる量を増やすことが大切です。自分には関係ないと思っていたことでも、思わぬところから新たな発見をすることもあります。

これまでに触れていなかった物事として、

  • イベントやセミナーに参加する
  • スポーツや趣味、習い事を始める
  • 旅行に行く

などの環境変化は新たな発見や人とのコミュニケーションが増えるため、良いトレーニングになるはずです。旅行であれば行ったことのない地域に出かけるなど、できるだけ今までに経験したことのない分野で行うことをおすすめします。さまざまな物事から刺激を受けて、アクティブに情報を収集していきましょう。 視野を広げて触れる情報の量を増やすことができたら、今度は思考方法を変えることにも意識を向けてみてください。固定概念にとらわれたまま、物事や他人をこれまで通りの尺度で捉えていると、新たな発想はどうしても生まれづらいです。物事には多面性があるため、常にいろいろな可能性を考えるなど、自分の思考も柔軟にしておくことで発想の幅が広がります。決めつけずに思考方法を変えてみることで、新たな発見やインスピレーションを得られ、クリエイティブ力を身に付けられるでしょう。

インプットとアウトプットを強化するトレーニング

インプットとアウトプットを強化したければ、情報を理解して整理する処理スピードと、情報を保存しておく容量が重要です。

情報処理スピードを高める

情報処理スピードを高めるためには、普段あまり話さない人とも積極的に会話することが、成長への近道といえます。準備や費用なども必要なく、手軽に始められるトレーニングです。このトレーニングでは交流の浅い人と会話をするため、予想できない新たな受け答えに対して、即座に対応することを繰り返します。学生時代の受験勉強と同じように、脳を使うことで処理能力が鍛えられるはずです。また価値観や視点の異なる人と会話することは、これまで気付かなった視点や新たな思考方法を知れるチャンスにもなるでしょう。

情報の保存量を増やす

情報の保存量を増やすには、記憶力を鍛えるのが良いと考えるかもしれません。もちろん記憶力が高いのは良いことであり、さまざまな勉強方法もありますが、実はそれよりも重要なことがあります。それは、メモを取る習慣です。人の脳は記憶したことを忘れてしまう場合があり、短期記憶であれば1分以内で忘れてしまいます。せっかく何かをひらめいたりインスピレーションを受けたりしても、後日考え直した際に記憶が曖昧では、非常にもったいないです。メモを取る習慣をつけておけば、得た情報を確実に残しておけます。メモの内容を必要に応じて編集してからアウトプットすることで、より聞く人にとって分かりやすい情報を発信できることにもつながるでしょう。

行動力をつけるトレーニング

行動力をつけるためには、

  • ルーティン化している行動をやめる
  • 人から求められたこと以上の行動をする

などが大切です。

ルーティン自体は集中力を高めるために重要な行動ですが、意味もなく毎日の中で行動がパターン化されているだけであればやめてみましょう。自分の中で意識しないうちに決めつけてしまっている考え方や条件を頭から外すことで、新たな刺激に意識が向くようになり、チャレンジすることが増えるはずです。順番ややり方、組み合わせが変わることによって新しいアイデアが浮かんでくることもあります。 また人の期待を超えて行動するよう意識することも良いトレーニングになるでしょう。相手に満足してもらうためには、期待通りの場合よりもさらに多くの行動を起こし、チャレンジしなければなりません。

トレーニングでクリエイティブ力を鍛えましょう! 

クリエイティブ力は、日常の中で少しずつ意識しながら鍛えられます。興味関心、情報処理能力、行動力の3点から自分にとって得意なところを伸ばし、苦手なところを理解しながらカバーしていくことで、周囲からクリエイティブ力の高い人と認められるようになるはずです。

アチーブメントHRソリューションズ
について詳しく知る

資料DL
お気軽にご相談ください
無料体験セミナー
人事担当者・経営者向けのセミナーを開催中!