マークアップエンジニアの役割とスキル、基礎知識を徹底解説

Webエンジニアには3つのタイプが存在しマークアップエンジニアはその中の一つにあたります。今回は謎の多いマークアップエンジニアについて詳しく解説し、適した人物像や必要なスキルなどのマークアップエンジニアに対する基礎知識をお届けします。

マークアップエンジニアとは

マークアップエンジニアとは

マークアップエンジニアとはWebサイトの運営においてユーザーが直接触れるWebページを領域としてユーザーに優しいデザインや、ユーザーがサイトを訪れ触れるコンテンツや機能を通した上質なユーザー体験の提供を設計しながら実際にHTMLやCSSなどの言語を駆使してコーディングを行うエンジニアの事を指します。

インターネットの広い普及や各種技術の進歩に伴ってWebサイトの規模やクオリティも上がる中で、ただWebページのコーディングだけではなく、企画やデザインの段階からサイトのユーザービリティの向上などに知見を提供できるプラスアルファを持つエンジニアが求められた事が、マークアップエンジニア誕生の背景です。

Webデザイナーやコーダーとの違い

マークアップエンジニアはWebサイト制作において企画やデザイン段階から携わり、最終的には設計に基づいてページのコーディングを行うなどの特徴からWebデザイナーやコーダーと混同される事があります。

Webデザイナーとの違いとして、マークアップエンジニアは実際にデザインを起こすのではなく、提案されたデザインがサイトを訪問したユーザーにとって最適であるかの検証や、Webページへのデザイン実装スキルなどあくまでエンジニアとしてデザインに携わります。

コーダーとの違いはとして、マークアップエンジニアはデザイナーから渡された仕様書に沿ってコーディングをするのではなくユーザービリティの高い構造を意識しながらSEO対策なども含めて総合的に最適化されたコーディングを実施していきます。

マークアップエンジニアに求められる能力

前項ではマークアップエンジニアとはどういうエンジニアなのかを、類似する職種であるWebデザイナーやコーダーとの比較を通して説明しました。それではこのマークアップエンジニアを採用するにあたって、もしくは新卒採用から未経験の人材をマークアップエンジニアに育成するにあたって、前提としてマークアップエンジニアに適した人材の特徴を理解し採用ミスや若手人材の配置リスクを無くしましょう。

良質なモノつくりにこだわる職人気質

マークアップエンジニアが担当する領域はWebサイト制作フローの中でも後半の過程になります。実際にデザイナーのデザインを基にしてマークアップエンジニア独自の様々な視点を加えながらより良いWebページにするためコーディングしていく業務はまさにモノつくりと言えます。

マークアップエンジニアには精巧で正確なコードを構築し、常に良質を追求しながらクライアントやディレクターの要求に対して応えていく事にやりがいや喜びを感じ、自分のスキルの成長のためにコツコツと努力を積み重ねていける職人気質な人材が向いていると言えます。

コミュニケーションスキルが高い

マークアップエンジニアの役割上の特徴として、バックエンドエンジニアやディレクター、デザイナーなどシステムから管理側、制作のフロント側まで様々な人間と協同していく事が挙げられます。

マークアップエンジニアは業務の中でディレクターと企画を出し合ったり、システムやサーバー側を担当するバックエンドの人間と議論を交わしたりする場面が多々生じます。

その様なポジションに求められる能力として、コミュニケーションスキルは強く求められます。

一人でコツコツと作り上げる集中性と、バックエンドとフロントエンドと上手に連携しながらチームとしてWebサイト制作や運用を進めるチームプレイヤーとしての側面があると尚よいと言われています。

領域外への関心や成長意欲がある

再三述べている通り、マークアップエンジニアとはデザイナーと協働しながら本質的にユーザービリティの高いデザインや機能の検証などのフロント視点で企画に携わる事もあれば、決定したデザインの実装段階においてサーバーやシステムへの負担や支障に配慮・確認をしながら業務を進めていくポジションです。

この様にマークアップエンジニアはデザイナーとエンジニア領域を股にかけており、自身の領域外の知見やスキルを積極的に取り入れておく必要があるのです。

またマークアップエンジニア経験者はその後のキャリアで、フロント側のデザイナーとしてWebデザイン全般のスキルを極めようとする人もいれば、逆にバックエンド(サーバーサイド)領域に入り込み、PHPなどに精通したプログラマーへ転向する人もおり、活発で成長意欲のある人材が向いている傾向が見られます。

マークアップエンジニアに必要なスキル

Design Creative Inspiration Ideas Concept

デザインに関する知識と基本的なスキル

マークアップエンジニアの業務の中で最も密に連携を取り合う職種はなんといってもWebデザイナーです。Webデザイナーはより専門的にビジュアルデザインのノウハウやサイト内での体験が閲覧者にどのような心理的影響を与えるかなどのUI/UX領域に長けています。

Webデザイナーが作成したデザインを入口として、様々な視点を追加していくマークアップエンジニアはデザイナーとの連携のためにもデザインについて一定に理解が求められます。

またデザイナーとのやり取りにPhotoshopやIllustratorなどビジュアルデザインソフトを使用する機会もあるのでこれらの操作などデザインに関わる基本的なスキルの習得も同時に行う必要があります。

HTML,CSSのコーディングスキル

Webページを構成する言語であるHTMLのコーディングスキルは絶対に無くてはなりません。

未経験者に対して育成を行う場合はまずHTML言語の習得から始めていかなければなりません。昨今ではコードを生成してくれるオーサリングツールなどの各種サポートツールが増えてきていますがこれに依存してはいけません。何事においても基本の習得は重要になります。

未経験者への育成の場合、テンプレートやツールを使わず一から手打ちでWebページのコーディングを完成させるレベルまでになることがスキル習得の最低基準になります。

また、現在のWeb業界では「ページのフレームや文章の構造化はHTML」で行い「ページレイアウトなどのデザイン実装ではCSSを用いて制御する」という、異なる2つの言語による役割分担が明確に存在します。HTMLに加えてCSS言語のコーディングスキルの習得も業界内の必須事項と言えるでしょう。

JavaScriptとライブラリを使用できるスキル

JavaScriptとはWebページに動きをつけるスクリプト言語です。

ブラウザ上に配置されたテキストやボタンなどに動きをつけたイメージにする機能が主になります。しかし、使い方次第ではブラウザのフォームに入力された情報をデータベースやサーバーに送信する機能もありその使途は豊富です。

ライブラリとは、JavaScriptの複数のコードをひとまとめにして利用しやすい形にまとめたアーカイブです。代表的なJavaScriptライブラリには「jQuerly」があります。

基礎知識としてJavaScriptを習得した後に、生産性の向上やより大規模で複雑なWebページの構築に応用できると良いでしょう。プロとして活躍しているマークアップエンジニアも頻繁に利用しています。また、JavaScriptのライブラリには用途や領域に合わせて多くの種類があるので使い分けるためにも基礎知識の習得が初めになります。

HTMLやCSSに比べスクリプト言語の習得は難易度が高いですが、動的サイトがスタンダードとなっている現在のWeb業界においてマークアップエンジニアを名乗るには必要なものになります。

まとめ

Webエンジニアの中でも特にフロントに近く、デザインをコーディングによって表現するポジションであるマークアップエンジニアについて取り上げました。

Webデザイナーやコーダーと混同しがちですが、あくまでエンジニアとして企画やデザインに携わり常に主体的な姿勢でWebページの構築を実施する点が決定的な違いでした。

マークアップエンジニアの業務はモノつくりに近く、コツコツと努力を積み重ねながら良質なページを作る事ができる職人気質な人材がマッチします。未経験者からのマークアップエンジニアへの道は覚える言語も多く険しい道のりとなりますがその分ゼネラルなエンジニアとしての成長を遂げる事が可能になります。

本記事のマークアップエンジニアの役割とスキルに関する基礎知識を基に、スキル育成で抑えるべきポイントと効果的な施策集をまとめた記事がございますので是非こちらも合わせてご参照ください。

>運営企業

運営企業

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

CTR IMG