ATD2018がいよいよ開幕します

ATD2018とは

ATD(Association for Talent Development)は、人材開発や組織開発の分野に従事する人のための世界最大の会員組織です。
毎年開催されるカンファレンスは、14分野300近いセッションがあり、企業展示も400社以上が出展し、組織開発、人材開発、リーダー育成等の人材育成業界の最先端トレンドや世界の人材育成業界の動きを知ることができるイベントです。世界各国から1万人近い参加者が集い、HR業界における世界最大イベントと言われています。

ATD 2018専用サイト

今年開催のATD2018は2018年5月6日~9日に米国カリフォルニア州にて開催されます。今回、アチーブメントHRソリューションズからは5名が参加させて頂いております。

ATD2018、今年の注目は?

毎年、基調講演には豪華なスピーカーが登壇しておりますが、2018年は以下の3名によって基調講演が行われます。

オバマ前米国大統領 (President Barack Obama)

1つ目の基調講演を担当するのは、オバマ前米国大統領です。黒人初の米国大統領として8年間、様々な功績を残されました。建国以来アメリカが培ってきた民主主義と多様性の大切さを訴えた退任のスピーチも非常に感動的でしたよね。Keynote Topicは記載されていないですが、あのオバマ前米国大統領の講演が生で聞けるということで今から楽しみです。

マーカス・バッキンガム(Marcus Buckingham)

2つ目の基調講演を担当するのは、マーカス・バッキンガム氏。
「さぁ、才能に目覚めよう」「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」など日本でもベストセラーになった書籍の著者です。ケンブリッジ大学を卒業後、ギャラップで17年間、世界トップレベルの職場やリーダー、マネジャーの調査に携わり、現在はADP研究所のコンサルタントとして人の持つ強みの発揮・活用についての研究を続けています

コニー・ポデスタ(Connie Podesta)


3つ目の基調講演は作家であり、教育者でもあり、プロのカウンセラーであるコニー・ポデスタが登壇。日本での知名度はありませんが、「聴衆に語りかけるだけではなく、彼らを魅了し、インスピレーションを与え、高い目標に対し向上心を促すプロの講演者」ということです。今年のKeynote Topicは「Life Would Be Easy, If It Weren’t for Other People」。どんなパワフルなメッセージとなるのか楽しみです。

※写真は、ATDのウェブサイトから引用しています。

ATD2018で語られる今年の潮流は?

基調講演以外にも毎年開催されるカンファレンスは300近いセッションがあり、世界最大のカンファレンスに相応しいラインナップとなっています。今年掲げられた14個のセッション・トラック、および各トラックのセッション数を紹介します。

□ラーニング・テクノロジー(Learning Technologies):44セッション
□リーダーシップ・ディベロップメント(Leadership Development):47セッション
□トレーニング・デリバリー(Training Delivery):32セッション
□インストラクショナル・デザイン(Instructional Design):38セッション
□タレント・マネジメント(Talent Management):29セッション
□キャリア・ディベロップメント(Career Development):19セッション
□グローバル・ヒューマン・リソース・ディベロップメント
(Global Human Resource Development):17セッション
□ラーニングの測定と分析(Learning Measurement & Analytics):15セッション
□ラーニングの科学(Science of Learning):27セッション
□セールス・イネーブルメント(Sales Enablement):14セッション
□マネジメント(Management):13セッション
□ガバメント(Government):6セッション
□ヘルスケア(Healthcare):10セッション
□ハイヤーエデュケーション(Higher Education):4セッション

セッションで一番多いのは、リーダーシップ・ディベロップメントです。
リーダーシップのあり方、リーダーシップ開発の方法、リーダーシップ発揮に必要なスキルなど、リーダーシップ・ディベロップメントに関連した様々なテーマが扱われています。脳科学などの知見を背景にしたリーダーのマインドセットに関するセッションなど新しいテーマも見られるほか、組織文化を創り出すリーダーシップなど組織のあり方の変容に伴ってリーダーシップ開発がどのような変化を遂げていくべきかが語られることとなりそうです。

次いで多いのは、ラーニング・テクノロジーです。最先端のテクノロジーを用いた新しい学習の姿や、学習を効果的に行う方法、事例などを取り上げています。ラーニングとテクノロジーの関係は近年最も注目を集めるトピックであり、毎年のATDでも最大級のトラックとなっています。モバイルラーニングが普及してきた今、次の変化を創りうるAlやVR/ARなど新しいテクノロジーがどのように人材開発の世界を変えていくのか、その未来の一端を感じることが出来るかもしれません。

今後の予告

RitoriではATD2018で語られた最新の人材教育のトレンドをできる限り共有させていただきます。参加したセッションについてはできるだけ記事にしていきたいと思っておりますので、楽しみにしていてください。いよいよ明日はATD2018の開幕です。

>運営企業

運営企業

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

CTR IMG