ルーブリックとは?新しい学習評価の実態と評価表の作り方

ルーブリックとは、学習の達成度を表を用いて測定する評価方法のことです。これまで、学習を評価する方法としては、ペーパーテストが一般的でした。ですが、ペーパーテストだけでは学習者のやる気を引出せず、評価できる範囲も狭いことから、2010年以降、ルーブリックが注目され続けています。そこで今回は、このルーブリックとは一体何なのか、その実態を解説すると共に、実際の評価方法と評価で使用する表の作成方法をご紹介していきます。

ルーブリックとは

ルーブリックとは、先にも少し述べたように、学習の達成度を測るための評価方法の一種です。ルーブリックについて見ていくにあたって、まずは概要として「注目されている理由」「第一人者」「特徴」について解説していきます。

ルーブリックが注目されている理由

ルーブリックが注目されるようになった理由の中で最も大きな要因は、「アクティブラーニング」の重要性が日本で認識されたことです。アクティブラーニングとは、学習者が主体となって能動的に学習することであり、アメリカで普及していた教育方法の総称でもあります。アクティブラーニングに該当する学習方法としては「ディスカッション」「体験・実演」「他者に教える」などがあり、これらを行うことで学習の定着率が一層高まるとされています。

2010年以降、日本でもこのアクティブラーニングが注目され始め、導入されていきました。しかし、導入するにあたって問題となったのが、アクティブラーニングの学習を評価する方法です。それまで一般的な評価方法だったテストでは、アクティブラーニングの学習を適切に評価できず、テストに代わる新たな評価方法が必要でした。そこで注目されたのが『ルーブリック』です。

ルーブリックの第一人者

そんなルーブリックの第一人者として知られるのは、ポートランド州立大学の名誉教授であるダネル・D・スティーブンス教授です。ルーブリックの手引書であり、ベストセラーにもなった「Introduction To Rubrics(大学教員のためのルーブリック評価入門)」の共著として有名です。

「大学教員のためのルーブリック評価入門」

ルーブリックの特徴

ルーブリックの特徴は、ディスカッションやグループワークなどで学習する「技能」「表現力」「思考力」「判断力」といった実演でのパフォーマンスや、「興味・関心」「意欲」「態度」といった課題への取り組み姿勢を明確に評価できるという点にあります。ルーブリックは、テスト形式での方法では評価が難しい観点を適切に評価することができます。さらに、ルーブリックは評価する対象や内容に合わせて、評価基準と評価の項目数を調整することができるため、様々な学習の場に適した評価基準を設定することができます。

ルーブリック評価表

では、具体的にルーブリックを使った評価方法について見ていきましょう。

ルーブリックでは、複数の評価項目から構成されるのが一般的であり、それらの評価項目を一覧にまとめたものを「ルーブリック表」と呼びます。

ルーブリック表の作り方

下記の表がルーブリック表です。では、この表の作り方について解説していきます。

まず、左端の列に記入されているA~Cが『評価項目』です。この項目は評価する対象によって内容と数を適宜設定していきます。例えば、ディスカッションを評価する場合の評価項目としては、「傾聴力」「意欲」「リーダーシップ」「トークスキル」「理解力」と言ったものが挙げられます。

つぎに、一番上の列に並んでいる1~4の数字が『評価点』です。これも5段階評価であれば1~5、4段階評価であれば1~4といったように、評価段階に合わせて調整可能です。

そして、『評価項目』と『評価点』が交差するマスに、『評価基準』を記載します。評価基準を設定する上でのポイントは、なるべく行動ベースで記載することです。ルーブリックで評価するのは、「ディスカッション」や「実演」といったものがメインとなるため、その中でどのような行動が求められているのかを評価基準として設定するとより明確な評価が可能になります。

作り方の例として、ディスカッションワークについてルーブリック表を作成したケースをご紹介します。

ルーブリックの活用方法

ルーブリック表を使った基本的な評価方法については、ここまで説明した通りです。では、基本的な使い方が理解できたところで、さらに一歩進んだルーブリックの応用的な活用方法についてご紹介していきます。

学習者に評価基準を教える

ルーブリックだけに関わらず、評価規準というのは評価を受ける人には教えないものだと考えている方が多いと思います。ですが、ルーブリックに関して言うと、学習者にその評価基準を教えることで、様々なメリットを得ることができます。

例えば、学習者が評価基準を知った上で学習する場合、学習の中で「今自分がどの項目をどれくらいできているのか?」という自己評価を実施しやすくなります。このような自己評価をすることで、内省の習慣を身に付ける、メタ認知力を高める機会を作ることができます。また、評価基準を通して良いパフォーマンスとは何かが明確になれば、学習意欲と学習速度の向上も見込めます。

評価規準の作り方を工夫する

ルーブリックの特徴として、評価項目と評価基準を調整できるというものがありますが、学習者の意見をルーブリックの作成に取り入れることで、より学習者の主体性と意欲を引き出す教育の設計が可能になります。特に高校生や大学生、大人の教育では、学習する人がそれぞれに目的を持って参加している場合が多くなります。そう言った場合に、学習の目的に関して教育を実施する側と学習する側の間にずれがあると、教育側には「学習者が付いてこない」、学習者側には「内容が思っていたのと違う」といった問題が発生しやすくなります。ですので、学習者の意見を取り入れて評価基準を設定し、それに沿って教育を設計することで、より学習者のニーズをとらえた教育を実施することができます。目的を持って参加している学習者は、ニーズが満たされると分かれば主体的に参加する傾向があるため、学習者と教育者の熱量のギャップも生まれにくくなります。

まとめ

日本の教育は、指導者が一方的に情報を発信して、学習者がそれを覚えるという学習形態から、学習者が主体となり、能動的に学習をする形態へと変化を続けています。そしてこのような動きは、学校教育だけでなく、企業研修や社会人教育に関しても同様です。リカレント教育や生涯教育が必要だとされる現代では、教育の在り方はすべての人にとって重要な要因となっています。

ルーブリックは、そんな現代の学習方法に適した評価方法として、現在も様々な教育現場に導入され、実践されています。もしこれから、「教育を設計していく」「教育を見直していく」という方がいましたら、ルーブリック表の作成を検討してみてはいかがでしょうか?また、すでにルーブリックを活用しているという方も、活用法を見直す機会を設けてみるといいかもしれません。教育に関するすべての方に、この記事を通して少しでも役に立てたならば幸いです。

>運営企業

運営企業

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

CTR IMG