OODAループとは?PDCAサイクルとの違いと具体例

OODAループとは、アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏が発明した、先の読めない状況で成果を出すための意思決定方法です。OODAループの名前を聞くのは初めてかもしれませんが、OODAループとよく比較されるフレームワークに、皆さんもよくご存じのPDCAサイクルがあります。そこで今回は、そんなOODAループの概要や効果、実践方法、PDCAサイクルとの違いをご紹介します。

OODAループとは

OODAループは、アメリカ合衆国の戦闘機操縦士であり、航空戦術家でもあるジョン・ボイド氏が発明した意思決定方法です。ジョン・ボイド氏は、どんなに不利な状況からであっても、40秒あれば形勢を逆転できたということから「40秒ボイド」の異名を持っていました。そんな彼の強さの秘訣を一言でいうと、「行動に移す速さ」です。どんなに先の見えない状況の中でも迅速に意思決定を下し、迅速に行動に移す。これこそが、ジョン・ボイド氏が40秒ボイドたる所以でした。ジョン・ボイド氏は、軍を引退した後に人間の意思決定に関する研究に没頭し、その研究の末に作り上げたのがOODAループです。OODAループは、PDCAサイクルと同じように4つのステップに分かれています。そのステップとは、「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の4つです。「OODA」は、この4つのステップのイニシャルを取って名付けられています。「OODA」の読み方は、ジョン・ボイド氏自らが「ウーダ」に決めました。4つのステップについては、後ほど詳しく解説していきます。

OODAループとPDCAサイクルの違い

記事の冒頭でも述べたように、OODAループとよく比較されるフレームワークにPDCAサイクルがあります。「この2つのフレームワークのどちらがより優れているか?」という旨の議論をよく目にしますが、本来OODAループとPDCAサイクルは比較されるべきものではありません。なぜかというと、この2つが開発された目的は大きく異なり、それぞれの目的に沿って使い分けられるべきものだからです。

皆さんもよくご存じのPDCAサイクルですが、これがどんな目的で開発されたかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?PDCAサイクルはもともと、工場の生産性を高めるために作られたフレームワークです。つまり、工場での生産速度や生産効率といった「決められた工程をいかに低いコストで進め、高い生産性を発揮するか」という課題に対する改善を図るのに最適だとされています。ですから、PDCAサイクルは業務改善に最適なフレームワークですが、そもそも工程が明確になっていないものに対しては、あまり効果的ではないと言われています。

これに対してOODAループは、先にも述べたように意思決定をするためのフレームワークです。ジョン・ボイド氏が身を置いていた戦場のように、不明確で常に変化していく状況の中で、現状にあるものから最善の判断を下し、即座に行動を起こすことを目的としています。ですので、PDCAサイクルのような業務改善ではなく、「起業を成功させる」「新規事業を開発する」といった明確な工程のない課題に対して効果的なフレームワークがOODAループです。

少しまとめると、PDCAサイクルは業務改善といった「How」を考えるのに効果的であり、OODAループは起業や事業開発といった「What」を考えるのに効果的なフレームワークです。では、OODAループの使いどころが分かったところで、実際にどのようにOODAループを回していくか、それぞれのステップについて解説していきます。

OODAループの第1ステップ-観察(Observe)

OODAループの第1ステップである「観察」とは、単に「見る」という意味ではありません。「見る」というよりは「情報の収集」の方が適切な訳かもしれません。観察のステップでやることは、自分の感情や置かれている状況、相手の行動や置かれている状況、環境、市場の動向、といった事実を幅広く集めることです。

観察(Observe)の例

A例 私は今お腹が空いている。ここから近くに有名なとんかつ屋さんがある。今は14時だ。

B例 彼女が「イライラしてるから放っておいて!」と言った。彼女がイライラしているときは体調が悪いことが多かった。

C例 新発売のゆず風味のフライドチキンは、今日で100個売れた。先月の新商品は、一日に平均で300個売れていた。

OODAループの第2ステップ-仮説構築(Orient)とは

第2ステップである「仮説構築(Orient)」は、OODAループの中で最も重要なステップだと言われています。このステップで行うのは、自身が持つ経験や文化の特徴、身体的特徴、歴史といったものと観察によって手に入れたデータを統合して分析し、仮説を構築することです。仮説構築が最も重要だと言われるのは、この仮説次第で最終的に行う行動が大きく異なるからです。では、仮説を構築するにあたって注意が必要なポイントは、なんでしょうか?

OODAループにおいて仮説構築(Orient)が成功したと判断するポイントは、「以前の判断の誤りや他者の判断の誤りに気付くこと」だとされています。OODAループは、PDCAサイクルと同じように1度回すことで成功を得られるものではなく、何度も回すことでゴールの達成へと近づいていきます。ですがそれは、毎回の仮説構築段階で前回の判断の誤りに気付き、新たな仮説を基に次の行動を起こしていくことが前提となっているからです。

仮説構築(Orient)の具体例

A例 ここの近くの有名なとんかつ屋さんは、今も開いているはずだ。

B例 彼女は今日も体調が悪いはずだ。

C例 「ゆず風味」というワードには、あまり求心力がないのかもしれない。

OODAループの第3ステップ-意思決定(Decide)とは

第3の意思決定のステップでは、最終段階である「実行(ACT)」に向けて何をするかを決定します。このステップで何をするかを決定しますが、前段階の仮説だけでは方向性しか決まっていないため、考えられる行動の選択肢は複数出てくるでしょう。そこで、効果的に意思決定をするためのプロセスを3段階に分けて紹介します。

1.どうなりたいかを確認する

まずは、自分もしくは組織がどうなりたいのかを確認します。

2.考えられる選択肢をリストアップする

どうなりたいのか、ということに対して考え得る行動をなるべく多く出します。

3.一番効果的と思えるものを仮説に沿って選択する

「自分がどうなりたいのか」と「行動の選択肢」を照らし合わせて、最も効果的だと思えるものを決めます。

この3段階のプロセスを踏むことで、意思決定を円滑に進めることができます。

意思決定(Decide)の具体例

A例 今すぐお腹を満たすよりも、おいしいものでお腹を満たしたいので、コンビニではなくとんかつ屋さんに行こう。

(どうなりたいか=おいしいものでお腹を満たしたい)

B例 心配だが、また怒られるのは嫌なので、連絡だけ入れてそっとしておこう。

(どうなりたいか=怒られるのが嫌)

C例 味に自信があり、一度食べてもらえればリピートしてもらえる自信があるので、パッケージの色合いと文言を変えてみよう。

(どうなりたいか=一度食べてもらう)

OODAループの第4ステップ-実行(Act)とは

OODAループの最終ステップは「実行(ACT)」です。意思決定のステップで決めた行動を実践します。

実行のステップが終わると、その後に2回転目のOODAループが始まります。観察のステップでは、実行したことによって現状が変わっているかもしれませんし、変わっていないかもしれません。変わっていても変わっていなくても、その情報は新たな仮説を構築する材料になります。ですから、1回転目のOODAループを終え、次のOODAループを始めるにあたって大切なことは、結果に一喜一憂しないことです。うまくいったとしてもうまくいかなかったとしても、それは次のOODAループを回すための単なる情報だと捉えて、気持ちを切り替えて2回転目を回すことが最後のステップでのポイントです。

実行(ACT)の具体例

A例 とんかつ屋に向かう。

B例 ラインで連絡を入れ、そっとしておく。

C例 パッケージと文言を変える。

まとめ

これまで、OODAループとは何か、PDCAサイクルとの違いは何か、OODAループはどのように回すか、について説明してきました。OODAループは、変化が激しく先の読めない現代において、今あるもので判断し、実行する重要性を示唆しています。このOODAループは現在も各所で活用され始めており、起業と新規事業においては、OODAループを活用した「リーンスタートアップ」が開発され注目されています。皆さんが今、先の読めない状況で何をするべきかに悩んでいるとしたら、この記事を参考に、OODAループの1回転目を回し始めてみてはいかがでしょうか?

PDCA研修ならアチーブメントへ

アチーブメントHRソリューションズのPDCA研修では、計画・実行・検証・改善のサイクルの回し方を体験ワークの中で体験していただきます。また、現場への落とし込みを支援し、自主自立型の人材へと成長するターニングポイントをご提供いたします。

OODA LOOPの書籍紹介

少し癖があるため読み応えがあります。ですが、OODA LOOPの解説だけでなく、即行性のある組織の作り方についても述べられているので、行動力ある組織をつくりたい方におススメの一冊です。

>運営企業

運営企業

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

CTR IMG