ホーム / 人事用語集 / 人間関係論

人間関係論

人間関係論の読み:にんげんかんけいろん

人間関係論とは、組織運営上の課題(生産性の向上、モチベーションアップなど)を解決する上で人間関係が重要な要因であり、その改善を図ることで個人の社会的欲求を充足させ解決に繋がる、とする考え方を体系化した理論のこと。アメリカで1924年から1932年に掛けてホーソン工場で行われた実験に端を発したハーバード大学のメイヨーが中心となって提唱した理論。

更新日: 2016年7月11日