ホーム / 人事コンサルティングサービス / 人材育成のためのセミナー情報 / 個人の自律的成長を阻むものは何か?

個人の自律的成長を阻むものは何か?

自ら学び成長する力を育む人づくりと組織づくり
個人の自律的に成長する力を育むシステムとは

社会環境の急激な変化によって人が担う仕事が高度化する昨今、企業が主体となって個人を「教育する」従来の人材育成システムは本来の機能を失いつつあり、代わりに、個人が主体となって自ら「学習する」人材育成システムの重要性が増しています。そこで、答えるべき問いは、「個人の自律的成長を阻むものは何か?」であり、言い換えれば「個人の自律的成長を促すものは何か?」ではないでしょうか。本セミナーでは、上記の問いに答えるための一つの見方を提示するとともに、その見方から自社の改善に向けたアイデアを発見する機会にすることを狙いにしています。

組織の人材育成に関する主な課題
若手社員の成長スピードが遅い
社員の成長に対する意欲が低い
学んでほしい分野が多く、施策が追い付かない
本セミナーで得られるもの
成長速度を高める要因を解説
社員の成長を阻害している要因を解説
社員が自ら学び成長するための施策を紹介

プログラムの内容

1.これからの時代に対応する人材育成のあり方

□社会環境の変化と人材育成のパラダイムの転換

□自発的学習に関する現状の傾向

 

2.「自ら学び成長する人」が持つ能力

□「成長」に関する先行研究からわかること

□「自ら学び成長する力」を構成する要素

 

3.「自ら学び成長する力」を育む人づくりと組織づくり

□「自ら学び成長する力」を育むための施策を導き出すステップ

□自社の人づくりと組織づくりにおける課題を発見する

講師詳細

笠原 雅也
笠原 雅也
新卒でアパレル企業に入社。販売の仕事を通して、仕事の面白さと深さに触れ、仕事にのめり込む。その結果、入社半年で店舗内の主力商品カテゴリーの責任者を一任され、カテゴリー全体の売上管理と店舗スタッフの育成に携わる経験を積む。その後、更なる問題解決を追求するために人材求人広告代理店へ転職。物流・飲食・介護・建設など、ブルーカラー職種を中心とした企業の採用活動を支援し、大手人材紹介会社の代理店に所属する全営業職の中でトップの成績をおさめる。

しかし、採用活動による問題解決に限界を感じ、組織の根底にある課題を解決するためにアチーブメントへ入社。
入社後は人材開発と組織開発を専門領域とし、クライアントの教育体系設計、研修プログラム設計・開発、組織風土醸成、営業力開発の支援を行う。
また、自律した個人の育成に関する造形が深く、人材づくりと組織づくりをテーマにした商品開発にも携わっている。

セミナー概要

目的
個人の自律的成長を促進するものと阻害するものを理解し、自社の人材育成を改善するためのアイデアを発見すること
対象
法人研修導入をお考えの経営者・経営幹部・人事担当者様
講師
笠原 雅也
開催日時
2019年10月18日(金)13:00~16:00(開場12:40)
会場

ビジョンセンター田町

受講料
無料