新人・若手層を即戦力化する

近年、新人に対して求められる基準は高まり、「即戦力」としての活躍を期待する企業が増えています。

そんな現代において大切なことは、「育成される新人」と「育成する先輩社員」双方の切り口から新人即戦力化の土壌を築きあげることです。

 

新人・若手に関する主な課題
学生から社会人への意識転換ができない
改善や提案への主体性に欠ける
困難に直面すると行動量が落ちてしまう
仕事の優先順位が正しくつけられない
即戦力化へのソリューション
社会人としての自覚を強化する新入社員研修
タイムマネジメントやPDCAサイクルの習得
新人が育つ教育体系の設計
上司やOJTトレーナーの育成力強化

アチーブメントが考える原因

新人の即戦力化において重要になるのは、「育成される新人」と「育成する先輩社員」の双方に打ち手を講じることです。

新人は、社会人といえど学校を卒業したばかりの人材です。意思決定を行う際には、「社会人」として求められるものが何か分からず、それまでの枠組みに従って判断してしまうことも大いにあります。だからこそ、「社会人」としての意識転換を意図的に行い、社会人として求められる基礎的な「マインド・スキル・ナレッジ」をできるだけ早い段階で構築することが重要です。

また、それと同時に重要になるのが育成する上司や先輩社員の育成です。現場で新人を育成する上司や先輩社員が、新人育成に当事者意識を持つことで、新人の即戦力化を加速させることができます。

 

育成される側へのソリューション

新入社員研修
新人が“社会人”として活躍する上で求められる「実行する力(実行力)」「考える力(思考力)」「チームで達成する力(協働力)」を体得し、即戦力として活躍する準備を整える“実践型新入社員研修”です。
  • 対象 :
  • 新入社員
メンバーシップ研修
限界突破経験を通じて自身の理念・ビジョンを確立し、働く目的を明確化。目標達成へのこだわりや組織人としての帰属意識を醸成していきます。
  • 対象 :
  • 新入社員
タイムマネジメント研修
効果的なタイムマネジメントのポイントは、重要事項に集中して取り組んでいくこと。心理学をベースとしたタイムマネジメント手法を研修内で学ぶことで、「時間当たりの生産性」を最大化させます。また、『アチーブメントプランナー(手帳)』を活用することで、研修での学びを日々の実践に落としこみ、「成果を生み出すタイムマネジメント手法」を体得します。
  • 対象 :
  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層

育成する側へのソリューション

OJTトレーナー研修
「メンバー育成=自己の成長」であるという意義を改めて理解し、先輩社員の「指導者としての意識」を醸成。新人を育成する上で求められる姿勢や具体的な指導スキルを学び、育成計画・方針を明確にすることで、職場の育成力を向上させます。
  • 対象 :
  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層
マネジメント研修
「目標の達成」と「部下の育成」の両立において重要な「支援のあり方」や組織活性化を促す「マネジメントスタイル」を体得する研修プラグラムです。
  • 対象 :
  • 管理職層