OJTトレーナー研修

研修の狙い:OJTトレーナーの育成力をレベルアップさせる
受講対象
若手層・中堅層・管理職層
日程
2日
実施形態
トレーナー派遣型
推奨人数
18人以上
料金
要相談

こんな課題を抱えた企業様に

 

OJTトレーナーが新入社員を育成する意義や目的を自覚できていない。

 

どのように育成すればよいのかが分かっていないOJTトレーナーが多い。

 

OJTトレーナーの業務が忙しく、OJTが形骸化している。

概要・特徴

新入社員教育の意義を改めて理解し、OJTトレーナーの「指導者としての意識」を醸成します。

 

「人材育成=自分の成長」であることを認識

人に教えることによって、今までの仕事を整理し、体系化することができるようになり、今までの仕事を振り返るきっかけとなることを、研修の中で再認識して頂きます。

 

期待される役割を認識し、指導者としてのあり方を学ぶ

新入社員にとってOJTトレーナーはモデルとなる存在です。新入社員に関わる重要性を認識し、どのようなスタンスで向き合うかべきかを研修を通して学び、「言っていることとやっていることが一致している」言行一致のOJTトレーナーを目指していきます。

 

動機づけができるコミュニケーションを学ぶ

教える側と教えられる側には知識・経験の差があり、「これぐらい分かるだろう」という考えは間違った認識を新入社員に与える可能性があります。認識のギャップを生まず、新入社員のモチベーションを維持しながら育成していくためのコミュニケーションを研修でのワークを通じて学びます。

 

教育方針を描き、実践につなげる

育成計画・方針を明確にし、新人育成を行うために求められるOJTトレーナー自身の行動や必要な周囲の協力を視覚化します。

 

 

プログラムの内容

1日目
午前
オリエンテーション
最近の新人の特徴
自分の新人時代を振り返る
午後
OJTトレーナーのスタンス確認
実習:新人の気持ちを理解する
新人の心理を理解する
2日目
午前
実習:コミュニケーションギャップを取り除く
コミュニケーションスキル
午後
新人の育成計画をまとめる (研修の学びの落とし込み)