組織エンゲージメントサーベイ

組織エンゲージメントサーベイは、特許取得の統計解析と選択理論を用いた質問設計と、 専門アナリストとコンサルタントによる業界初の「ヒアリング」と「2段階レポート」で、可視化された組織課題を施策に繋げる調査ツールです。

組織エンゲージメントサーベイのコンセプト

組織調査の目的は、組織の現状を数値化することではありません。

組織調査の結果をもとに組織の課題を解決すること、つまり、効果的な人事施策に繋げることが組織調査の目的です。

弊社は32年間に渡る人事コンサルティング会社としての活動の中で、組織調査に関するこのようなご相談を多く受けてまいりました。

 

■組織調査をしてみたが、この結果は何を表しているのでしょうか?

■組織調査の結果から課題はわかったが、どんな施策を打てば良いでしょうか?

■点数の低かった所に着手したが、改善が見られません。原因は何でしょうか?

 

そんな企業様のお悩みを解決するために、弊社は『人事施策に繋がるサーベイ』を開発しました。

組織調査でよくあるお悩み
調査結果が何を表しているのか分からない
調査結果から課題はわかったが、どんな施策を打てばいいかわからない
点数の低い所に着手したが、改善が見られない
組織エンゲージメントサーベイのメリット
特許技術を使かった分かりやすいデータ分析
専門のアナリストが課題分析をサポート
打つべき施策の立案をコンサルタントが支援

エンゲージメントとは

弊社では、エンゲージメントを「個人と組織のWIN-WINな関係を創造する個人の自発的貢献動機」と定義しています。別の言葉では「自発的な貢献意欲の度合い」や「組織に対する強い愛着」とも言い換えることができ、組織と個人の繋がりの強さを表します。

このエンゲージメントは、収益性や生産性といった経済指標と相関があることが実証されており、昨今では従業員満足度調査に代わる組織調査の指標として注目を集めています。

 

組織エンゲージメントサーベイが施策に繋がる理由

弊社のエンゲージメントサーベイが、人事施策に繋がるのには3つの理由があります。

信頼ある指標と信頼あるシステム

組織エンゲージメントサーベイは、世界的に信頼性が認められているeNPSをエンゲージメント調査の指標としています。また、データの解析手法は特許を取得しており、エンゲージメントに影響を与えている組織の要因・社員の体験まで詳しく分析します。

 

人事施策に繋がる質問設計

人の行動メカニズムをひも解く心理学を基に、社員の感情や欲求を可視化できるように質問を設計。施策検討に必要な組織づくりの観点を過不足なく抽出した質問設計となっております。的確な質問設計により、5~10分の短い回答時間で回答者に負担を掛けず、50項目を超える観点から組織の状態を可視化します。

 

デモ回答画面を見る

 

【業界初】ヒアリングと2種類のレポートで課題特定と施策設計を徹底支援

組織エンゲージメントサーベイでは、特許技術を用いて組織のエンゲージメントをわかりやすく分析レポートにまとめます。また、分析レポートをもとに専門のアナリストとコンサルタントがヒアリングを行い、定量と定性の両面から組織課題を体系的に捉え、エンゲージメントを下げている本当の原因を特定できるよう支援します。さらに、その課題に対する人事施策をコンサルタントが立案し、報告レポートにまとめ人事施策に繋げるまで徹底的に支援します。

弊社の実績

2000社以上の導入実績で蓄積したノウハウ

 

前身であるアチーブメント時代から数えて、これまで2000社を超える企業様の人づくり・組織づくりをご支援してきた実績があります。人事コンサルティング会社として、人と組織の問題解決に向き合い続けて32年。大手上場企業から、中小企業、スタートアップ、官公庁まで、ありとあらゆる業種・業界のクライアント様をご支援する中で蓄積してきた、人づくり・組織づくりのノウハウが弊社の強みです。時代の変化と共に問題は複雑さを増していますが、2018年の顧客満足度は98.7%を記録し、人づくり・組織づくりのパートナーとして、多くの企業様から選ばれ続けています。

 

サービスの流れ