ホーム / 人事コンサルティングサービス / 導入事例 / 株式会社東京オフ印刷様

理念から一貫した新卒採用で理念浸透を推進

組織開発コンサルティング
株式会社東京オフ印刷様
代表社員 石原 寛祐 様
会社名
株式会社東京オフ印刷
http://www.tokyo-off.co.jp/
本社所在地
東京都墨田区堤通1-10-21
設立
1979年4月
従業員
48名(2013年3月現在)
事業内容
各種印刷物の企画・製造・配送

導入のきっかけ

社員育成に課題あり。次代を担う人材の必要性も

弊社は私の父が昭和54年に創業した印刷会社です。5年前に跡を継いだ私は、自分なりに試行錯誤を重ねながら様々な挑戦を行ってきました。特に、アチーブメント社で「理念経営」という経営手法の真髄を知ってからは、その実現を目指して努力を重ねてきたつもりです。しかし、現実はなかなか思うようにいかず、「理念」を社員に粘り強く伝えても、温度差を感じることが少なくありませんでした。また、想いを共有できている社員に対しても、それを行動まで落とし込む支援ができておらず、社員育成に課題を感じていたのです。

 

そんな時、アチーブメント社の研修を受講する中で、新卒採用の理念経営推進における効果性について聞く機会がありました。弊社ではそれまで中途採用が中心で、大卒の新卒採用を行ったことはありませんでしたが、「未来を切り拓く優秀な人材を確保し、既存社員の殻を破るきっかけになれば」という一心で、思いきって新卒採用に踏み出すことにしたのです。

施策

社員全員で取り組む、理念から一貫した採用活動

採用プロセスを構築する際に特に重視したのは、選考全体を通じて、「理念を全面に打ち出したものにする」ということでした。実際に説明会などで理念に関するメッセージを学生に届けると、その表情を見ただけで理念に対する共感度が手に取るように分かるのが印象的でした。理念に共感してくれている学生の表情は、活き活きと輝いているのです。新卒採用において理念を打ち出すことがいかに大切なのか、実感することができました。

 

実は当初、社内には「それだけの投資を行うなら、新卒採用よりも他にやるべきことがあるんじゃないか?」という否定的な声も少なくありませんでした。それでもこの機会を変革の契機とすべく、プロジェクトを推進していくと、社員の採用プロジェクトに対するスタンスが、徐々に協力的なものになっていったのです。

 

選考プロセスの中で、一生懸命頑張る学生の姿に触れたことで、それが刺激になったのだと思います。例えば、選考の一つとして、現場の仕事を学生に実体験してもらうものを行ったのですが、朝から夜まで時間を使って選考に取り組む学生の姿に、社員が心動かされているのを感じることがありました。学生を迎え入れるための制作物を自主的に用意するなど、最終的には積極的にプロジェクトに参加してくれるまでになり、社員の中に主体性が醸成されているのを実感することができています。

 

こうして、理念に共感してくれている優秀な学生の中から、3名に内定を出すことができたのですが、その保護者の方とお話しした時には、「この子たちを絶対に幸せにしよう」と、経営者としての自分の覚悟が改めて固まる思いがしました。

導入の成果

理念浸透の手応え 社員の意識も大幅に変化

新卒採用という挑戦は、「未来を切り拓く優秀な人材の確保」という観点でも、「既存社員の殻を破るきっかけに」という観点でも大きな収穫を得ることができ、社全体に良い変化が起き始めています。挑戦の重要性など、学生にメッセージしている言葉がそのまま自己評価につながり、自発的な行動改善が見られるようになっているのです。勿論、変革はまだまだ始まったばかりで、今が一番大変な時期かもしれませんが、理念浸透の手応えを確実に得ることができました。

 

私自身も、「社員を物心ともに幸せにしたい」という想いが強まり、「8年後には30億」という目標を本気で目指しています。我が社には、どこにも負けない印刷技術があり、理念を共有している仲間がいます。これからも技術を磨き、お客様への発信力をより高めることで、まずは墨田区で№1の印刷会社に、いずれは東京、そして世界で認められる印刷会社になることを目指し、社員とともに尽力してまいります。

課題
理念を発信しても浸透しない
新卒採用のノウハウがない
導入の成果
学生に刺激を受けて組織が活発に
理念に共感する内定者3名を獲得