新着情報

News

2019年05月16日 アチーブメント株式会社

物言わぬ上司問題とは?パワハラへの新しい対策方法に注目集まる

物言わぬ上司問題とは、パワハラの予防を意識するあまりに上司が指導を控えてしまうという問題のことです。上司が指導を控えた結果、クレームや育成力の低下が生まれているというパワハラ対策の副作用が、多くの企業で現れています。
ph6

物言わぬ上司問題とは

物言わぬ上司問題とは、パワハラへの意識が過剰になることで、上司が指導を控えてしまうというものです。部下の行動や態度に気になる点があったとしても、「これ以上言うとパワハラと言われてしまうと思うと指導できない」というケースは、パワハラへの対策を進める中で増えているようです。その結果として、「上司の指導力が低下する」「部下のミスが増える」「部下が育成されない」といったことを感じている人事担当者も多くいます。

物言わぬ上司問題が読売新聞に取り上げられました

この「物言わぬ上司問題」は、2019年5月16日の読売新聞にも取り上げられました。読売新聞では、とある大手保険会社の例を紹介しています。例となった企業では、営業先への態度を上司が繰り返し注意していたところ、「なぜ自分ばかり注意するのか」と返されたそうです。その上司は、パワハラにつながることを考えて指導を控えましたが、その結果、営業先から苦情を受けたといいます。このように、パワハラを意識することで、必要な指導までもができなくなってしまう上司が増えています。
img_0009
-2019年5月16日刊行の読売新聞より抜粋-

物言わぬ上司を生まないためには

パワハラ研修で取り扱われるのは、「パワハラ種類」や「パワハラになる行動」、「パワハラの裁判事例」といったものが一般的です。これらの内容は、パワハラを理解するためには非常に有効な手段です。ですが、これらの内容を学習することで、「指導への恐れ」が生まれてしまうと、物言わぬ上司問題が発生してしまう可能性があります。そこで、パワハラを予防する研修を実施する際には、パワハラの詳細を解説するだけでなく、パワハラにならない正しい指導とマネジメントを紹介することが必要です。

正しい指導が学べるパワハラ公開講座を開講

弊社では、この「物言わぬ上司問題」を深く受け止め、正しい指導が学べるパワハラ公開講座を開催しております。講座では、パワハラの種類やパワハラになる行動の解説と、正しい指導方法の紹介を実施します。受講生の方には、「指導を控える」のではなく、「正しく指導できるようになる」ことを講座の目標として講座に参加していただきます。

指導が学べる公開講座の詳細はこちらへ

アチーブメントHRソリューションズは、公開講座だけでなく、講師派遣型の研修も実施しております。今後パワハラ研修を検討している、物言わぬ上司問題を抱えている、正しい指導方法を学習したいという企業様がいらっしゃいましたら、御社の抱えている問題についてぜひ一度お聞かせください。

体験セミナー一覧 社員研修の体験セミナー情報を定期開催しておりますので、是非一度足をお運び下さい。

セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中