コラム

Column

大杖正信のモチベーションエンパワーメントメッセージ

講師歴25年を誇る大杖正信が、朝礼のネタなどでも使えるモチベーションを高めるメッセージをご紹介します。

箕島高校の尾藤公監督が残した言葉

高校野球の箕島高校の尾藤公監督が残した言葉に「一期一会一球」というものがあります。
「目の前の一球は、二度とない。だからこそ、大事にすべきである」という意味です。
それでは、それを象徴する高校野球の試合とはいったいどういったものだったのでしょうか?
時系列を追いながら、確認していきましょう。


昭和54年(1979年)夏、「和歌山・箕島高校」対「石川・星稜高校」 の延長18回の激闘は、高校野球史上最高の試合」と言われています。

試合は1対1の同点で延長戦に入り、延長12回の表に星稜が1点を取り、12回裏の箕島の攻撃は2アウトランナーなし。ベンチに座った箕島の尾藤公監督もさすがに敗戦を覚悟したという。

ところが、ここで起死回生のホームランが出る。1番の島田宗彦選手(3年)の打った当たりがレフトラッキーゾーンに飛び込む。
これで2対2の同点。ゲームは延長16回まで進む。

星稜が1点を奪い、その裏の箕島の攻撃も2アウト。今度こそ勝利を手にするかに思われた星稜だったが、ドラマはまだ終わらない。
打席には6番の森川康弘選手(2年)。高めのボールを打った彼の打球は、一塁へのファールフライ。
ゲームセット……と思われた瞬間、このフライを追った一塁手が、ファールゾーンに敷かれた人工芝との境目に足を取られ転倒。その横に打球がポトリと落ちて森川選手は命拾いする。
しかし、それでも2アウトランナーなし。さすがの箕島もこれで終わりだろうという状況だった。

ところがミラクルはさらに続く。なんとここで森川選手が、また2アウトから同点ホームランを叩きこむのだ。ゲームは再び振り出しに。
そして延長18回裏。再三のピンチを凌いできた箕島がついに1点を取り、サヨナラ勝ちでこの歴史的なドラマに終止符を打った。


箕島高校の監督を勇退後、がんと戦い続けた尾藤さんでしたが、2011年に他界されました。
残された生前のインタビューで、この延長18回を振り返った尾藤監督は、両校の選手たちについてこう言っています。

「お互いに持てる力を出し切って戦ったということで、星稜の子どもたちも箕島の子どもたちも、みんな野球をやっている仲間なんだと、いまでもずーっとそう思っています」

その尾藤監督、こんな言葉を残しています。

「一期一会一球」

野球をやったことのある人には、どなたの心にも入っていく言葉ではないでしょうか?

目の前の一球は無二の一球。同じようなボールは、もう二度とない。だからこそ大事にしなければいけないし、それを共有した相手は大切な仲間である。

そんな思いが、この言葉から伝わってきます。

この言葉が心を打つのは、どんな仕事や役割にも通じる「持つべき姿勢」というものがここに込められているからでしょう。

サッカー選手なら「一期一会一蹴」。
大相撲の力士なら「一期一会一番」。
フード産業に携わる人には「一期一会一食」。
自動車産業に従事する人には「一期一会一台」。

そして、私たちのような研修講師も、間違いなく

「一期一会一回」

ということになります。

箕島高校、尾藤公監督の一球にかける情熱。

その言葉に、暑さも吹き飛ばす清涼感をおぼえるのではないでしょうか?

大杖正信
著者:大杖正信 アチーブメント株式会社 エグゼクティブトレーナー
Profile
アチーブメント株式会社エグゼクティブトレーナー。マネジメント研修、コーチング研修などを中心に講師を務め、年間の研修日数は200日を超え、リピート率は100%を記録。トレーニング歴25年のベテラン講師である。
プロフィール詳細
Book
エイロー式・好かれる人の「超・会話法」
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ別サイトへ
  • エイロー式 マスターコーチの「超・マネジメント術」
  • 中小企業のための人材採用の成功法則
  • 人事応援通信コラム
セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中