コラム

Column

大杖正信のモチベーションエンパワーメントメッセージ

講師歴25年を誇る大杖正信が、朝礼のネタなどでも使えるモチベーションを高めるメッセージをご紹介します。

Vol.118 感謝することの価値

「感謝」というテーマは、誰にとっても身近なものです。
自分の身の周りのことに感謝できなければ、それを味わいつくすこともできないからです。

ユダヤ教の教えの中に「裕福な者とは自らの境遇を喜ぶ者である」といった言葉があります。
言い換えれば、自分が望むものを手に入れている者ではなく、自分が手に入れたものに喜びを感じている者だということです。
それは、家族や友人、仕事やプライベートを通して得られた物事に感謝するということ。

自分の健康、眠る場所、食べ物があることに感謝することでもあります。
注意して欲しいのですが、これは別に、「少ないもので満足せよ」ということを言っているのではありません。
より多くを求めるのは、私たちの自然な欲求だからです。

それが悪い癖となってしまうのは、その欲求に私たちが支配されてしまっているときです。
つまり感情的に「何かを手に入れること」に執着してしまうときです。

そういうときは、逆にあなたの人生は欲求によって支配されているとも言えるでしょう。

感謝を習慣にする2つ方法
しかしそうでない限り、感謝をしながらものを受け取るようにすれば、
より多くのものがあなたのところに与えられるようになります。

それに感謝をすれば、同じようにさらに多くのものが与えられるようになるでしょう。
これこそ、人生の成功のためのサイクルなのです。

ラビ・ゼリグ・プリスキン氏は次のように言っています。
「私たちは日々、非常に小さくささいな喜びを、物質的にも精神的にも何百回と体験している。
こうしたありきたりな偶然に目を向けることで、感謝というものがどれほどのパワーを持つかに気づくことができる」

彼の著書『Happiness』においては、感謝することを実践することがすすめられています。
実践方法は次のようなものです。

例えば、1時間ひたすら、自分が感謝できることすべてに感謝してみる。

例えば、読書をするときには文字が読めることと目が見えることに感謝する。
歩く時には足が動くことに感謝し、誰かと話すときには会話するという能力があることに感謝をしてみるといったように。
この1時間だけはただひたすら、どんなに些細で当然と思えるようなことであっても、自分ができることすべてに感謝をします。

それを1時間実践できたなら、次は1日、そして1週間と、実践時間を伸ばしていくことができるはずです。
また別の実践方法には、次のようなものがあります。

当たり前のように感じられるものが「もしなかったら」と考えてみるのです。

もし視力を失ったら、聴覚を失ったら、言語能力を失ったら、手の感覚がなくなったら、
嗅覚や味覚がなくなったら、家がなくなったら…など無限の想像ができるはずです。

すべてを失ったあとで、またそれをひとつずつ取り返してみると、
そのひとつひとつに感謝する気持ちが沸いてくるにちがいありません。
これらの方法を実践していけば、あなたがふだんから当然と思っているものに
感謝することができるようになっていくのではないでしょうか?

大杖正信
著者:大杖正信 アチーブメント株式会社 エグゼクティブトレーナー
Profile
アチーブメント株式会社エグゼクティブトレーナー。マネジメント研修、コーチング研修などを中心に講師を務め、年間の研修日数は200日を超え、リピート率は100%を記録。トレーニング歴25年のベテラン講師である。
プロフィール詳細
Book
エイロー式・好かれる人の「超・会話法」
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ別サイトへ
  • エイロー式 マスターコーチの「超・マネジメント術」
  • 中小企業のための人材採用の成功法則
  • 人事応援通信コラム
セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中