コラム

Column

人事応援通信コラム

人材育成トレンド情報や最新のコンサルティング事例、体験セミナー情報などをお届けする人事コラムです。

心理的安全性を創出するマネジメントのポイント

心理的安全性と生産性の関係とは?



突然ですが、「心理的安全性」という言葉はご存知でしょうか。

2016年、Googleは独自の調査から、
「心理的安全性が高い組織は低い組織に比べて圧倒的に生産性が高い」
と発表したことで話題になった言葉です。

心理的安全性(Psychological safety)がある状態とは、
不安や恥ずかしさを感じることなく
リスクある行動を取ることができる状態のことを表します。

「こんな発言をしたら上司から睨まれてしまうのではないか」
「こんなことしたら周りからどう思われるだろうか」

このような不安や恥ずかしさを持たず、
本来の自分を安心してさらけ出すことができ、
ありのまま受け入れられていると感じられる、
ということが生産性にとっては重要のようです。
 

心理的安全性を創出するマネジメントとは?



では、心理的安全性のある組織を創るには、どうすればよいのでしょうか?

実は心理的安全性を創出するには、キーマンが存在します。
それは管理職、マネジャーです。
管理職、マネジャーのマネジメントが
心理的安全性を創出する重要な要素となります。

心理的安全性を創出するマネジメントの特徴は以下の通りです。

①直接メンバーと話す機会を設けている
現代では様々なコミュニケーションツールが発達しているため、
直接コミュニケーションを取らなくても用は済んでしまいますが、
顔を見て、直接話す時間はとても重要です。

メールで済ますケースも多いのではないでしょうか。
便利ではありますが、文面だけのコミュニケーションではなく、
直接的なコミュニケーションを意図してとることが、
この人にはいろんなことを話してよいのだという感情につながり、
心理的安全性を創出していくのです。

②失敗を罰するのではなく学習の機会だと伝えている
メンバーが一番恐れているのは、失敗することです。
失敗した際に、マネジャーからその失敗を責められれば
次回も失敗をしないように行おうという消極的な行動になってしまいます。

失敗を責めるのではなく、失敗は学習の機会であると伝えることで、
メンバーに安心感を与えることができます。

③自分もよく失敗をするということを積極的に示す
上記でも説明した通り、
メンバーは失敗することに対する恐れがあります。
自身も失敗をすることを積極的に示すことで、
失敗に対する寛容さを示すことが重要です。

失敗への寛容さが安心感を創出し、
メンバーも積極的に行動するようになります。

以上3つのことが心理的安全性を創出する
マネジメントに必要な要素です。
生産性の高いチームをつくるために、
ぜひマネジメント実践の参考にしていただければ幸いです。

人事応援通信メールマガジン

セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中