コラム

Column

人事応援通信コラム

人材育成トレンド情報や最新のコンサルティング事例、体験セミナー情報などをお届けする人事コラムです。

なぜ部下のモチベーションを上げられないのか?

お世話になっております。
アチーブメントHRソリューションズ人事応援通信事務局でございます。

新年明けましておめでとうございます。
引き続き皆様に役立つ情報提供をさせていただきますので
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さっそくですが、
管理職の皆様はどんな課題を持っているでしょうか?

VSNが管理職に対して行った調査によると、
管理者としての悩みのベスト3は下記の通りで、
いずれも約3割の管理職が悩んでいるという結果でした。

1位:上司やトップが身勝手な課題を押し付けてくる
2位:強いリーダーシップがとれない
3位:部下のモチベーションを上げられない

上司と部下の間に挟まれて四苦八苦している
管理職の皆様の苦悩があらわれる結果となりましたが、
気になったのは「部下のモチベーションを上げられない」という悩み。

弊社でも数多くご相談いただく悩みですが、
「部下のモチベーションを上げられない」という悩み自体に、
実はモチベーションを上げられない理由が隠されています。

そこで今回は、多くの管理職が、
なぜ部下のモチベーションを上げられないのか?
をテーマにお伝えさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆なぜ部下のモチベーションを上げられないのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年よく使われるようになった「モチベーション」。

実はよく使う言葉の中で、
このモチベーションと混同している言葉があります。
それは「テンション」という言葉です。

それぞれ辞書にはこのように書かれています。
------------------------------------------------------------
モチベーション:全ての行動の源になる動機のこと。
テンション  :俗に気分や気持ちの盛り上がりのこと。
------------------------------------------------------------

要するにモチベーションは、
すぐに高くなったり低くなったりするものではない長期的なものであるのに対して、
テンションは、すぐに上がったり下がったりする短期的なものということです。

モチベーションは本来そのヒトの内側から湧き出るもので、
テンションは外的な要因によって左右しやすいものとも言い換えられます。

実はこれらを混同してしまうと、マネジメントにも影響が出てきます。

例えば、部下の「モチベーション」を維持しようとして、
「今月の目標を達成したら飲みに行こう。奢るぞ!」
と上司が言った瞬間、部下の「テンション」は上がりますが、
「モチベーション」が維持できるかどうかは別問題です。

このように「モチベーション」と「テンション」を
混同してしまい、思うようにいかないケースは非常によく見受けられます。

ここで重要なポイントは、
「部下の“テンション”は上げられても、“モチベーション”は上げられない」
ということを理解することにあります。

どういうことかというと、
あくまでモチベーションはそのヒトの内側から湧き出るものであり、
周りの人がいくらその人のモチベーションをあげようと努力しても、
本人が自分でエンジンをかけない限りは、動き始めないということです。

では、どういう時にモチベーションは湧き出てくるのでしょうか?

それは、【理想と現実のギャップを本人が認識したとき】です。

・このままでは達成できないことがよくわかった
・理想の状態がより鮮明になり現在地がはっきりした
・新しい目標ができた

という状態を“本人”が理解することで
自然とそのギャップを埋めようと動き始めます。

部下のモチベーションに焦点を当てて
「何をしてあげようか」と考えるのではなく、
部下が理想の状態を追うために
「どんなサポートができるのか」という視点で
関わることが大切になります。

そのスタンスに立った状態で必要な関わりをしていけば、
上司がいちいち部下を奮起させようとしなくても
部下が自ら奮起し、主体的に動き出していくでしょう。

ぜひ御社における管理職の部下との関わりを
見直す機会にしてみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジメント研修体験セミナー
~目標達成と部下育成を両立するマネジャーを育てる~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経新聞にも取り上げられた話題の管理職研修!
マネジメントスタイルを変革するポイントをご紹介いたします。

弊社では長期的な視点から部下と関わり、
主体的に動き出す部下を育てるマネジメント手法を
研修を通して管理職の皆様に提供しています。
今回はその研修の一部を体感いただく機会を設けさせていただきました。
ぜひ足を運んでいただき、
管理職研修を見直す機会としてご活用ください。

●マネジメント研修体験セミナー
~目標達成と部下育成を両立するマネジャーを育てる~≪1月23日開催≫
https://achievement-hrs.co.jp/seminar-list/20180123

※マネジメント研修体験セミナー2月開催はこちら≪2月15日開催≫
https://achievement-hrs.co.jp/seminar-list/20180215

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆その他開催予定の無料体験セミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社では階層別研修の体験セミナーや特別セミナーも開催しております。
ご興味をお持ちのテーマがございましたら、
是非お気軽に足をお運びいただけますと幸いです。

●研修のゴールはどこにあるのか?
~行動定着率80%を実現する研修設計メソッド~≪1月18日開催≫
https://achievement-hrs.co.jp/seminar-list/20180118

●リーダーシップ研修体験セミナー
~チームを目標達成に導くリーダーシップを強化する~≪2月2日開催≫
https://achievement-hrs.co.jp/seminar-list/20180202

ご興味をお持ちのテーマがございましたら、
是非お気軽に足をお運びいただけますと幸いです。

今後の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
お気軽にご連絡くださいませ。
トレンドや事例などもご紹介させていただきます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

人事応援通信メールマガジン

セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

お薦め書籍
クオリティ・カンパニー
クオリティ・カンパニー別サイトへ
著者:青木仁志
不況下でも成長を続ける理念経営
資本金500万円、5名で創業した企業が
無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――
お薦め書籍
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ
もうひとりの自分と出会う50の
エンパワーメントメッセージ別サイトへ

著者:大杖正信
大杖正信のトレーニングで最も定評のある『モチベーション』、『コミュニケーション』、『リーダーシップ』といった3つのテーマで...
  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中