コラム

Column

人事応援通信コラム

人材育成トレンド情報や最新のコンサルティング事例、体験セミナー情報などをお届けする人事コラムです。

管理職の危険な考え方「自分でやった方が早い」

管理職の人がもっとも陥りやすい危険な考え方は「自分でやった方が早い」というものです。この考え方に陥ってしまうと、部下育成が滞るようになり、いつまで経っても部下が一人前にならず、管理職の仕事量が膨大となり、常にイライラするようになります。こうなると職場環境は悪化し、離職率が急激に悪化します。


◆◇◆


昨今の管理職は「プレイングマネジャー」として、マネジメントだけでなく、現場で成果を残すことを求められます。
彼らはプレイヤーとして優秀だからこそ、プレイングマネジャーとして抜擢されたわけですから、部下が何かをできなかった時、


「どうしてできないのか、分からない」
「なぜ、できないのか、理解できない」

という悩みに陥ってしまいます。
すると、

「教えるよりも自分でやってしまった方が 手っ取り早い」

と考えはじめ、部下が現在の力でできる仕事のみを依頼し、部下ができない仕事を管理職自ら抱え込んでしまう、ということが起こります。
まさに、「部下育成は後回し」という状況です。

部下育成を後回しにすれば、部下の成長はなく、部下の成長なくして、組織のパフォーマンスは上がりません。
やがてプレイングマネジャーはさらなる負荷を負うので、もっと育成が後回しになっていく、という負のスパイラル。
皆様の会社でも起こっていらっしゃる部署はありませんでしょうか。

しかし、プレイングマネジャーが、部下育成を後回しにしてしまいがちなのは「部下がどうしてできないのか、分からないから」だけでしょうか?

アチーブメントの管理職研修のトレーナーを務める丸山直樹氏は、


「本質的な原因は部下の育成と業務の目標達成を切り離して捉えてしまう彼らの考え方にある」


とよく言います。
「部下育成」or「業務の目標達成」という2択が迫られる場面が目の前に現れたとしたら、多くの人が選ぶのは「業務の目標達成」です。
これでは、「部下育成は後回し」という状況は変わりません。

管理職に必要なのは、「部下育成」or「業務の目標達成」ではなく、

「部下育成」→「業務の目標達成」

という発想に切り替えること。
つまり、目標達成するためにも部下育成・指導をする、という考え方に切り替えていくことなのです。

考え方の変革は簡単ではありませんが、多くの企業様で実際に変革が行われております。
管理職の育成意識向上のヒントにしてください。


▼部下育成のポイントとは
https://achievement-hrs.co.jp/jinji/20120911/

▼部下育成には「4つのステージ」が重要
https://achievement-hrs.co.jp/jinji/20120925/

▼管理職のためのマネジメント研修
https://achievement-hrs.co.jp/service/training/management/



◆◇◆

アチーブメントHRソリューションズでは、さまざまなセミナーを開催しています。
ご興味ございましたら、詳細をご確認の上、お問い合わせをしていただけますと幸いです。

▼人材育成のための最新セミナー情報
https://achievement-hrs.co.jp/seminar/

人事応援通信メールマガジン

セミナー アチーブメントHRソリューションズでは社員研修の体験セミナーを定期開催しております。 セミナー確認へ
Check!
資料請求・お問合せ
お問合せはお電話、
またはお問合せフォームから承っています。 サービスなどの資料請求はこちら

お問合せはこちら 0120-000-638 受付時間 10:30~17:00(月曜日~土曜日)

お問合せ

  • メールマガジン好評配信中!!
  • 基礎理論紹介
  • 書籍紹介
  • ビジネス手帳
  • 採用情報
  • 人事用語集

PageTop

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人材育成・人事コンサルティング企業として、人材育成や採用に関する人事課題を数多く解決してまいりました。
人材採用、人材育成、組織開発は、組織の発展に不可欠です。アチーブメントHRソリューションズは、これからも人材育成・人事コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して精進してまいります。

サービス
導入事例
セミナー
コラム
会社情報
その他

人事応援通信メールマガジン配信中