ホーム / コラム / チームビルディング / VUCAの時代に求められるリーダーシップとは?

VUCAの時代に求められるリーダーシップとは?

更新日: 2016年10月19日
もともとは軍事用語で用いられていたVUCA。「予測不能な状態」を表す言葉ですが、ユニリーバのCEOであるポール・ポルマン氏は近年の市場を「VUCAワールド」と表しています。予測不能な状況にいかに対応していけるか、そのカギについて探ります。
目次:

VUCAの時代に求められるリーダーシップ

みなさんは『VUCA』という言葉を耳にされたことはありますでしょうか?

 

VUCAとは、
「Volatility(変動)」
「Uncertainty(不確実)」
「Complexity(複雑)」
「Ambiguity(曖昧)」
の頭文字をとった言葉ですが、
一言でいうと「予測不能な状態」を表します。

この言葉は、もともとは軍事用語でしたが、
昨今の経営環境を表しているとして、
雑誌やニュースを通して目にする機会が増えてきました。

 

超高齢化や人口減少、
異常気象、インターネット普及がもたらす様々な変化など
私たちはすでに予測できない社会の中で
生きていかざるを得ないといえるでしょう。

 

ユニリーバのCEOであるポール・ポルマン氏は
市場の現状を「VUCAワールド」だと言及しています。
そして、この「VUCAワールド」にいかに対応していけるかが
成長のカギであるとも語っています。

 

ある製薬業界の企業様では、
まさにVUCAワールドに対応するためのリーダー育成を考えていました。
そして、経営陣を交えたディスカッションを複数回重ねていました。

「VUCAワールド」に対応していくために必要なことは何か?
どのような人材が「VUCAワールド」に対応していけるのか?
企業として、どのような人材の育成を目指すべきなのか?

ディスカッションの中で、
「あるもの」の重要に着目することになりました。

そのあるものとは、仕事の「目的」でした。
売上や利益などの「目標」ではなく、
理念や事業価値といった「目的」から一貫した判断・選択ができる
リーダーの育成が必要だという結論にたどり着いたのです。

なぜ、そこにたどり着いたのか?

それは、

「予測不能で変化し続ける環境の中で顧客にとっての価値を創造し続けることができる人材とはどのような人材か?」

というシンプルな問いに対する答えでした。

 

その答えがまさに、「顧客のために」という目的を持った人材だったのです。

「顧客のために」と本気で思うから、
新たな商品が開発され、
普及のための手段が浮かび、
さらに高い価値を生み出すために強固なチームが形成される。

一見当たりまえのことで、
新しくも、画期的なアイデアでもありませんが、
そのことを体現している人材は非常に少ないことに気付かれたのです。

 

育てるべきリーダーをそのように定義し、
そのゴールを目指した育成プログラムが作られ、
今も現在進行形で進んでいます。

御社にとって、変化の激しい環境に対応するカギは何でしょうか?
どのようなリーダーが必要なのでしょうか?
そして、そのためにどのような育成が必要なのでしょうか?

 

今後の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 若手の育成に効果的な「フォロワー」の考え方
    「最近の若手は〇〇だ」という一文を見て、皆さんならどのような言葉を入れるでしょうか?「言われたことしかやらない」「仕事が...
    2018/05/18
    詳細を読む
  • 次世代リーダー育成の成功事例をご紹介
    次世代リーダーとは、現在の若手や新人で、今後企業のリーダーになっていく人材のことです。次世代のリーダーとなることが期待で...
    2018/02/02
    詳細を読む