ホーム / コラム / 営業教育 / 部下の話を聞かない上司のマネジメント方法

部下の話を聞かない上司のマネジメント方法

更新日: 2013年6月4日
部下の話を聞かない上司がいると、チーム成績が上がらず、部下のモチベーションは上がりません。そして、こういった事例は日本の多くの企業で見られるパターンです。 それではこういった上司を会社として、どのようにマネジメントをし、チームの士気を高めたら良いでしょうか?
目次:

「聴く」ことの大切さ

入社3年目のNさんは、営業としての成績が認められ、
4人のメンバーを持つチームリーダーに抜擢された。
しかし、チームとしての成績が伸び悩んでいたため、
心配したマネジャーがメンバーにヒアリングしてみると、
「言いたいことを言うだけで、話を聞いてもらえている感じがしない」とのことだった。

コミュニケーションをとっていないわけではないが、
そのスタンスが一因となっている可能性もあるので改善を促したい。
どうすればよいだろうか?

メンバーの状況を知ったマネジャーとしては、
「もっと部下の話を聞いてやれ」とNさんに忠告したくなるかもしれません。
しかし、Nさんは自分なりに一生懸命やっていることが伺えるので、
意欲を削ぐことなく声がけしたいところです。

 

実はNさんのチームのような状態は、多くの企業で目にするものです。
メンバーを持つ立場になったばかりの時は特に、
「自分の仕事は、メンバーに指示し、指導することだ」と考えてしまいがちで、
その結果、一方的に部下に話し、会話を独占してしまいます。

 

しかしどんなに一生懸命であっても、一方的に話し続けるのは、
今回のように部下のモチベーションを下げてしまうかもしれません。
自分が部下だった時のことを思い出していただければと思いますが、
一方的に意見を押し付けられるより、
自分を尊重されるほうがモチベーションがあがらなかったでしょうか?

 

部下は
「自分の話を聞いてほしい」
「理解してほしい」
と思っており、上司には、自分が話す以上に、部下の話を聴く姿勢が求められるのです。

ただ、この「話を聴く」ことの重要性はマネジャーであるあなたに対してもいえるものになります。

そこで、まずはNさんの話を

「しっかりと聴くこと」

 

から意識してみてはいかがでしょうか。

 

「最近、チームの調子はどうだい」

などと声をかけながら、Nさんの考えに耳を傾けるのです。

 

「チームの成果を高めるためにできることはないか」
「Nさんはどういう関わりをされるとモチベーションが上がるか」と問いかけながら、
「部下の話を聴くこと」の重要性を自己評価を通して腑に落とすのです。

 

ただ、Nさんの中に解決の糸口がない場合には、
「何か手伝えることあるかな?」と問いかけながら、
「話を聴く」ことの重要性を伝えてあげるのもよいでしょう。

 

Nさんは優秀な人材であり、
「聴くこと」の重要性を理解できれば、良いチームを育んでくれるはずです。

 

そのためにも、まずはあなたが率先して「聴くこと」で、
組織のパフォーマンスを高めてみてください。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • リレーション営業に転換するときの注意点
    4月は新入社員が一斉にテレアポや飛び込みをするので、各社で営業活動が活性化する季節でもあります。そんな中、リレーション営...
    2016/04/27
    詳細を読む
  • 営業マンのモチベーションを高く維持するためには
    営業マンのモチベーションを高く維持するためには、どのような方法が有効的なのでしょうか? そこでポイントとなるのが、「4...
    2015/10/07
    詳細を読む