ホーム / コラム / 営業教育 / 部下のモチベーションを下げる行為

部下のモチベーションを下げる行為

更新日: 2015年5月22日
部下のモチベーションを下げる行為というものがあります。それをアチーブメントでは、10の行為として挙げています。そこで、今回は、その中から一つの行為を挙げたいと思います。 果たして、部下のモチベーションを下げる行為とは、具体的にどういったことになるのでしょうか?
目次:

部下のモチベーションを下げる上司のかかわり方

経営者様やご担当者様にお話しをお聞かせいただくと、
マネジメントに関する悩みを聞くことがあり、
「上司の関わり方が部下のモチベーションを下げてしまっている」
という声もよくあがってきます。

 

確かに、上司の何気ない一言や態度で
やる気が下がったり落ち込んだりしたといった話をよく聞きますし、
自分が上司の立場にある場合でも、部下が自分をどう見ているかはやはり気になるものです。

 

アチーブメントが推奨するリードマネジメントでは、
部下のモチベーションや生産性の低下を招いたり、
上司に対する信頼を奪うことになる態度や言葉について10の例が挙げられています。

 

そこには様々な例が挙げられているのですが、
今日はその中の1つをご紹介させていただきます。

 

それは、

「聞く気がないのに聞く」

ということです。

 

これは非常に致命的な行動であり、
部下に簡単に見抜かれ、不快感を与えることにつながっているものです。

 

しかしながら、自分の中に答えを持ち、結論付けているにも関わらず
部下の意見を『聞くフリ』をしている管理職を見たことがある、
という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜこのようなことが起こってしまうのか。
しかも、これが良いことではないと、
多くの人がわかっているにもかかわらずです。

ここに行動変容のむずかしさがあり、
弊社の研修がまさにお役にたてる部分でもあります。

管理職の行動変容に関してお悩みの場合は、
下記お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む
  • 女性活躍推進への対策と傾向
    女性活躍推進法とは、職場における女性の活躍を推進することを、企業などの雇用主に義務付けた法律です。この法律は2015年9...
    2016/12/26
    詳細を読む