ホーム / コラム / 営業教育 / 管理職による人材育成がすすまない理由

管理職による人材育成がすすまない理由

更新日: 2015年7月1日
管理職による人材育成がすすまないのには、理由があります。この理由を解決していかないことには、経営者がいくら口で説明しても、管理職による人材育成がすすんでいきません。 それでは、管理職による人材育成がすすまない理由とは、具体的にどういったものなのでしょうか?
目次:

プレイングマネージャーの育成へのブレーキとは

近年増えている「プレイングマネージャー」という役割。

「プレーヤー」としての個人目標と
「マネジャー」としてのチーム目標を共に達成することが求められる方々を
どう育成していけばよいのでしょうか。

 

企業側としては、

「部下育成をして組織の底上げをしてもらいたい」

という本音がありますが、研修の場などでは、

「自分の目標を追いながら、部下育成にまで手が回らない…」

といった管理職の本音をよく聞くこともまた事実。

部下育成の重要性は頭ではわかっていても、
結局はその業務に精通している管理職が「自分でやってしまう」なんてことも多く、
実際の現場では部下育成がおざなりになってしまうことも多くあります。

 

では、なぜこのような状況が生まれるのか?
それは、

「優先順位が上がらない」から。

 

つまり、部下を育成していくことが、
組織や自身の目標達成に役立つイメージができておらず、
また体感できてもいないからなのです。

 

この状態では、いくら部下育成に関するスキルやナレッジを提供しても
積極的には吸収しようとはしません。

 

では、プレイングマネージャーに必要な育成とは何なのでしょうか。

 

 

プレイングマネージャーを育成するポイント

プレイングマネージャーに選ばれた人々は、
会社の中でも成果を上げ、期待されている人々。
その人々が、自ら、
【部下育成が自分や組織の目標達成に役立つ】ことを
腑に落ちるような体感をする機会を創ることこそ、
何よりもまず最初にすべきことなのです。
  1. これまでのマネジメントを振り返り、目標達成と部下育成の関係性を学ぶ
    「プレイングマネジャー」ということを育成がうまくいかない理由にしない土台をつくる
  2. 理想のマネジャー像を描く
    「部下育成する事によって目標達成を果たしていきたい」
    「人を動かす技術を体得したい」というマインドをつくる
  3. マネジャーとして役割や責任を学ぶ
    部下のやる気や能力を「引き出す」具体的なスキルやナレッジを学ぶ
  4. 大きな目標達成に向けて
    部下育成の優先順位が上がってはじめて、
    学んだ具体的なスキル・ナレッジが一過性ではない効果を生み出していくと言えます。

 

プレイングマネージャーが前向きに育成に取り組むことで、
次世代のリーダーが生まれ、会社の売り上げ向上や、目標達成へつながっていく。

個人の納得感と会社の売上を両面から達成させる方法に
ご興味がございましたら、是非、下記問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む
  • 女性活躍推進への対策と傾向
    女性活躍推進法とは、職場における女性の活躍を推進することを、企業などの雇用主に義務付けた法律です。この法律は2015年9...
    2016/12/26
    詳細を読む