ホーム / コラム / リーダーシップ / 日本では「リーダー育成」が圧倒的に不足している

日本では「リーダー育成」が圧倒的に不足している

更新日: 2013年12月24日
日本では「リーダー育成」を行うための人材が圧倒的に不足しています。しかしながら、リーダーの交代によって、会社の業績が大きく左右するのも事実です。そのため、企業において、後継者のリーダーを育成することが非常に重要となってきます。では、「リーダー育成」を行うためには、どうしたら良いでしょうか?
目次:

「リーダー育成」とはどのように行うべきか

一時期、MBA(経営学修士)がブームとなりましたが、
最近では、その効果についての限界も言われ始め、
受講生も減少傾向にあると言われています。

 

しかし、日本企業には「管理職人財」はいても、
「経営人財」が圧倒的に不足していると言われているのも、また事実です。

特に、既存の柱事業が成熟期を迎えた企業は、
新しい成長戦略を目指した新規事業の立ち上げや組織変革を進めなければなりません。

 

例えば、JALや、最近で言えばアメリカのYahooなど、
経営者やリーダーの交代によって会社が変わった例は少なくありません。

 

よって、「リーダー育成」は、企業において、非常に重要なことなのです。

「そんなリーダーはいない」

と嘆く前に、リーダーの育て方について、ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

また、考えても「よくわからない」という方は、アチーブメントHRソリューションズにご連絡ください。

カテゴリの最新記事

  • 「ゆとり世代」の教育から次世代に向けた教育へ
    「団塊世代」「しらけ世代」「新人類世代」「氷河期(ロスジェネ)世代」・・・。どの世代も一括りにされ、批判に晒されてきまし...
    2019/07/11
    詳細を読む
  • 早期離職がなくならない原因は何か?
    働き方改革が叫ばれる昨今、「労働環境は改善に向かっているのに早期離職率が低減しない」という声をよく聞きます。なぜ、こうし...
    2018/11/29
    詳細を読む