ホーム / コラム / 働き方改革 / 無駄な会議を撲滅する「6色ハット思考法」

無駄な会議を撲滅する「6色ハット思考法」

更新日: 2014年6月20日
無駄な会議を撲滅するための「6色ハット思考法」という考え方があります。この「6色ハット思考法」を会議に導入することで会議の時間が短縮され、短期間で結果に繋がるようになる「生産性の高い会議」が実現します。 では、この「6色ハット思考法」とは、どういった考え方なのでしょうか?
目次:

生産性の高い会議を作るうえでの思考法とは

組織において、業務を進める上で欠かせないことに「会議」があります。
多くの企業がこの「会議」に膨大な時間を割いていますが、その一方で、

・全く発言をしない人がいる
・資料を読めば十分な、報告だけの会議であった
・生産性に疑問を持ちながら惰性で行われている

といった「会議」に対する問題意識が持たれていることも少なくありません。

結果につながらない会議をしている間に
「他社に先を越される」といった事態を防ぐためにも、
「生産性の高い会議」が必要とされています。

そこで、アチーブメントでは、
スタンフォード大学やマイクロソフト、IBMなどで導入され、成果が認められた

6色ハット思考法という思考法を用いています。

 

6色ハット思考法

「6色ハット思考法」とは、下記の6つの視点から議論を積み重ねていく考え方です。

  1. 客観的思考
    客観的な情報や、何が事実かということについてだけ純粋に考える。
  2. 感情的思考
    直感、勘、本能的な反応、感情で考える。
  3. 否定的思考
    論理的に欠陥や障害、問題が無いか考える。
  4. 肯定的思考
    論理的にメリットや利点、相容れるところがあるか考える。
  5. 創造的思考
    提案、探求、考えのおもむくままに考える。
  6. 思考的思考
    メタ思考、思考について考える。

アチーブメントのセミナーでは、
この「6色ハット思考法」を用いた会議の進め方をセミナーにてご紹介しています。
ご興味がございましたら、是非お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • 働きがいを高める人事評価とフィードバックとは?
    人事評価に対して社員はどのように思っているのでしょうか?人事評価は社員にとってその働きがいを左右する重要な要素です。働き...
    2017/10/10
    詳細を読む
  • 中小企業でも「働き方改革」はできる?
    ここ最近、企業の働き方改革の重要性とともに、生産性を高めるための手法があちこちで叫ばれています。しかし、人数の少ない中小...
    2017/08/11
    詳細を読む