ホーム / コラム / 働き方改革 / ストレスチェックに対する対処法

ストレスチェックに対する対処法

更新日: 2015年7月15日
厚生省が定める、職場におけるストレスチェックの結果に対する対処法にはどんなものがあるでしょうか。仮に一定期間の治療やリフレッシュ期間を経て、心身ともに回復したとしても、復帰するとストレスチェックで再び同じ結果になることがあります。 では、その問題を解決するためにはどうしたらいいのでしょうか?
目次:

ストレスチェックに対する本質的な対処法とは

改正労働安全衛生法に基づき、
2015年12月から50名以上の事業所において、
厚生省既定のストレスチェックと医師面接指導の実施が義務化されることとなったことはご存知の通りです。

 

実施には「労働者のメンタルヘルス不調の未然予防」という主たる目的があるようですが、
しかし、義務化された施策である「ストレスチェック」と
「医師面接や外部相談窓口の設置」等を実施することだけで、
そもそもの目的である未然予防を十分に果たせるでしょうか。

 

水槽理論

アチーブメントが提唱している組織変革の考え方の一つに、
『水槽理論』というものがあります。

 

これは、組織の環境を水槽の『水質』、魚を『社員』と置き換えて、
組織の課題を考えてみるというものです。

 

水槽内で過ごすことで、健康を損ねてしまった魚を、
水槽からいったん出し、時間とお金をかけて治療したとします。
魚を治療をすれば、当然元気にはなるわけですが、
魚がせっかく元気になっても、いざ元の水槽に戻した場合、
また病気になってしまうことが少なくありません。

 

魚が自ら健康を維持できる力をつけることは重要ですが、もう一つ重要な観点として、
「魚が住みやすい水質をつくる」ということが重要というのが水槽理論の主張です。

職場に戻して考えてみるならば、
不調を訴えた社員に対する対処をしたとしても、
水質、つまり組織の風土が変わらなければ、
現場に戻ってからまた不調になってしまう社員が多い、ということなのです。

 

こうしてメンタルの問題を繰り返す社員が生まれてしまうのです。

 

弊社ではこの問題に対する解決策を研修、コンサルティングを通してお伝えしております。
ご興味のある方は、下記お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む
  • 女性活躍推進への対策と傾向
    女性活躍推進法とは、職場における女性の活躍を推進することを、企業などの雇用主に義務付けた法律です。この法律は2015年9...
    2016/12/26
    詳細を読む