ホーム / コラム / 働き方改革 / 中小企業でも「働き方改革」はできる?

中小企業でも「働き方改革」はできる?

更新日: 2017年8月11日
ここ最近、企業の働き方改革の重要性とともに、生産性を高めるための手法があちこちで叫ばれています。しかし、人数の少ない中小企業では効率性の面で、残業時間を大幅に削減することも難しいのが現状ではないでしょうか、「効率性」以外の指標で、中小企業が取り組める働き方改革について迫ります。
目次:

中小企業でも取り組める働き方改革とは

ここ最近、企業の働き方改革の重要性とともに、
生産性を高めるための手法があちこちで叫ばれています。

 

生産性とは、一般的に
「一定の資源からどれだけ多くの付加価値を生み出すか」
「一定の付加価値をどれだけ少ない資源から生み出せるか」
という指標だと言われています。

 

生産性といえば、すぐに出てくるキーワードが「効率性」です。

 

そのため、世間における生産性を高める手法に
「残業時間削減」等の手法が多く見られるように思います。

 

しかし、投資できる資源が豊富にある大企業ならまだしも、
資源が少ない中小企業では「効率性」を上げるにも限度があります。

 

そこで、もう一つでてくるキーワードが「効果性」です。
「効果性」を判断基準に、施策を選択していくのです。

 

 

「効果性」に着目した働き方改革とは

ここでいう「効果性」というのは、何に対する「効果」なのでしょうか。
それは、「将来あるべき姿をつくる」ための効果です。
突き詰めていけば、「理念の実現」ともいえると思います。

 

そのため、あらゆる場面で「効果性」を元に判断していくためには、
一人ひとりの社員へ企業理念を浸透させることが重要になります。

 

社員一人ひとりが理念に沿って自律的に判断・行動をすることによって、
「効果性」の高い施策を実現していくことが出来るのです。

 

弊社では、中小企業の皆様を対象に、理念経営を実現するための研修を提供いたしております。
ご興味がございましたら、是非下記問い合わせフォームからご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • パワーハラスメントの本質はどこにあるか?
    パワーハラスメント対策でもっとも有効的な対策とは、どういったものがあるのでしょうか?仮に「してはいけないこと」をリストア...
    2019/01/25
    詳細を読む
  • 上司が部下から信頼を損なう3つの原因
    今回は、上司が部下から信頼を損なう原因と、部下との信頼関係を築く方法についてご紹介していきます。...
    2018/03/20
    詳細を読む