部下の指導を後回しにすると、仕事が回らなくなる

更新日: 2013年5月8日
部下の指導を後回しにすると、仕事が回らなくなります。これは仕事ができる、いわゆる「スペシャリスト」が昇進した時に、よく起きる事例です。そして、先日、まさにそれを裏付けるようなエピソードが、ある研修で発生しました。そこで今回はそのエピソードをご紹介し、検証していきたいと思います。
外で電話に出る女性
目次:

コミュニケーションワークでの気づき

ある大企業のグループ会社でのこと。
工場の設計やメンテナンスを担っている企業で、
それもあってか、マネジメントよりも現場で働くことを喜びとする
「スペシャリスト気質」の社員が多く、マネジャーという立場にありながら、

『部下の指導・育成よりも自分で仕事をしてしまう傾向』があったのです。

 

経営やマネジメントに対する意識も希薄で
次代を担うマネジメント層を育成していくことが課題となっていました。

 

そこで研修は、マネジャーとしての
意識変容・行動変革を促すことを目的とした
プログラムを設計させていただいたのですが、
中でも、「コミュニケーション力」をテーマに行ったワークでの反応は
非常に印象に残るものでした。

 

そのワークの中で与えられるミッションを
最速でクリアするには『人の力を借りる』ことが必要となるのですが、
やはり、そこはスペシャリスト。
予想通り、という言い方も失礼ではございますが、
自分の力量を試したくなり、『力を借りる』ということは考えていないようでした。

 

そこで、ひと通りワークを終えた際にこのように質問させていただきました。
「最速で目標達成をするために最も効果的な行動を取られていましたか?」
その言葉を聞いた時、皆様「ハッ」とした表情をされたのです。

 

目の前の課題に対峙するあまり、
本来の目的・目標を見失っていたこと、
そして、これこそが現場の縮図であると気づかれたようでした。

 

そういった自身の傾向に気づいたインパクトは大きかったようで、
研修後の変化を担当者の方に伺うと、
手間や時間がかかっても若手に仕事を任せたり、
遅くまで仕事に付き合って話しかけたり、メンバーとのコミュニケーションの量を増やしたり。

 

「『マネジャーとして若手を育成するんだ』という自覚が生まれたように感じられます」
というお声を担当者の方からいただけ、これから現場での行動変革に期待が持てる結果となったのでした。

 

今回は、スペシャリスト気質の方々への研修でのエピソードをお伝えさせていただきました。
現在、ほとんどの企業には
プレイングマネジャーと呼ばれる役割が存在しますが、
プレイヤーとしての能力が高いがゆえに自分でやってしまい、
結果、負担が偏ってしまう…、という話は少なくありません。

 

そんな時こそ、部下の指導・育成というマネジャーとしての存在目的に立ち返り、
『人の力を借りる』ということを意識する。
それが、「マネジャー」としての成長につながるのかもしれません。

 

今後の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
是非お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • Withコロナ時代の人材育成を考える
    新型コロナウィルスの流行が人事に与える影響は甚大です。リモートワークの普及や、雇用調整の問題などに加えて、人材育成手法に...
    2020/05/11
    詳細を読む
  • 「ゆとり世代」の教育から次世代に向けた教育へ
    「団塊世代」「しらけ世代」「新人類世代」「氷河期(ロスジェネ)世代」・・・。どの世代も一括りにされ、批判に晒されてきまし...
    2019/07/11
    詳細を読む