ホーム / コラム / 人材育成 / 2015年の新入社員は消せるボールペン型

2015年の新入社員は消せるボールペン型

更新日: 2015年4月22日
2015年の新入社員は、『消せるボールペン型』であると発表されました。ポジティブな面として「書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)」と言われていますが、当然、ネガティブな面もあります。 それでは、『消せるボールペン型』社員のネガティブな面とはどういったことなのでしょうか?
目次:

2015年新入社員の特徴

毎年、新入社員の特徴をモノに例えている公益財団法人日本生産性本部によると、
2015年の新入社員は、『消せるボールペン型』でした。

ポジティブな面として

「書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)」を持っていますが、
逆にネガティブな面として、

「不用意に熱を入れる(熱血指導する)と色(個性)が消えてしまったり、
使い勝手の良さから酷使しすぎると、インクが切れてしまう(離職してしまう)」

といった特徴からのネーミングだそうです。
ネーミングにも時代の変化を感じます。

 

とはいえ、時代は変われども変わらないことは、
新入社員の育成ということにおいて、
「いち早く戦力化すること」が求められる、ということです。

 

そこでポイントとなることは、新入社員研修やOJTとなります。
しかし、きちんとした新入社員研修やOJTを選ばないことには、
時間とお金の無駄に繋がります。

 

きちんとした、結果に結びつく新入社員研修やOJTの選び方について、
ご興味がございましたら、下記お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。

専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 平成の社員研修を振り返って
    あけましておめでとうございます。 アチーブメントHRソリューションズ「人事応援通信」事務局でございます。本年は、4月...
    2019/01/05
    詳細を読む
  • 早期離職がなくならない原因は何か?
    働き方改革が叫ばれる昨今、「労働環境は改善に向かっているのに早期離職率が低減しない」という声をよく聞きます。なぜ、こうし...
    2018/11/29
    詳細を読む