自主自立型の人材に必要な3つの力とは

更新日: 2015年6月3日
自主自立型の人材には、3つの力が必要となります。 この3つの力を持っていると「自ら考え、自ら動き、自ら目標達成できる人材」となり、会社の未来を発展させていってくれます。 それでは、自主自立型の人材に必要な3つの力とは、どういったものになるのでしょうか?
活き活きと働く女性
目次:

社会が求める「自主自立型人材」とは

昨今、求めている人物像に『自主自立型人材』という言葉を良く聞きますが、
これは、若手でも即戦力を求める傾向やポスト数減少により
「尖った人材」の必要性が高まっていることが背景にあるようです。

 

では、この『自主自立型人材』とは、
どのような行動習慣を持っている人材のことを指すのでしょうか。

 

一言でいうと、「自ら考え、自ら動き、自ら目標達成できる人材」と言うことができますが、
分解すると3つの軸が浮かびあがってきます。

 

自主自立型人材の3つのポイント

  1. 【Drive】自分を動かす力
    どんな環境に置かれても、自分を動かし未来を切り開く力
  2. 【Think】自分で考える力
    どんな困難に置かれても、自分で考え抜き問題会計津に導く力
  3. 【Link】人と協同する力
    誰とでも良好な人間関係を築き、肯定的影響力で目標達成に導く力

 

そもそも研修を行う上で一番大切なことは、
【目的意識】=求めたものを手に入れること。
これは、研修を考える側は、
どんな行動習慣を身に着けさせることをゴールとしているのかを
明確にすることが大切だと言えます。

 

そして研修を受ける側は、
身に着けるべきものを明確にわかっていることが研修を始めるスタート地点だと言えますし、
その2つが合わさって初めて、研修効果を期待できるのだと言えます。

 

若手の『自主自立方人材』の育成に関して、
どのような行動習慣を身に着けさせたいのかを明確にし、
研修効果を継続させる手法について最新の情報をお届けいたしますので、
ご興味がございましたら、是非、下記お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • Withコロナ時代の人材育成を考える
    新型コロナウィルスの流行が人事に与える影響は甚大です。リモートワークの普及や、雇用調整の問題などに加えて、人材育成手法に...
    2020/05/11
    詳細を読む
  • 「ゆとり世代」の教育から次世代に向けた教育へ
    「団塊世代」「しらけ世代」「新人類世代」「氷河期(ロスジェネ)世代」・・・。どの世代も一括りにされ、批判に晒されてきまし...
    2019/07/11
    詳細を読む