ホーム / コラム / 人材育成 / 新入社員研修で重要となる「初期設定」とは

新入社員研修で重要となる「初期設定」とは

更新日: 2015年10月28日
新入社員研修で最も重要となる「初期設定」。 この「初期設定」を誤ると、問題行動が多い社員となります。 同時に、この「初期設定」がどのようなものかによって、その社員の将来が変わると言っても過言ではありません。 では、「初期設定」を正しく行うためには、 どんな新入社員研修を選ぶべきなのでしょうか。
目次:

新卒の就職活動スケジュールが大幅な変更により、
「入社する学生の理解度やマッチング度が十分に高まらずに採用活動が終了してしまった」
という企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そうした背景もあってか、お客様から
「新入社員研修の見直しをはかりたい」というご相談を特に多くいただきます。

 

教育担当の皆様がお探しの研修は、
シンプルに「どんな社員にも効果が出る研修」かと思います。

 

効果とはまさに現場での成果ですが、
現場の成果を上げてもらうためには小手先の技術習得よりも

「正しいビジネス習慣を教育することが重要」です。

 

新入社員はビジネス経験がありません。
当然のことながら新入社員研修の中で、
正しいビジネス習慣を教育する必要があります。

 

言うなれば「初期設定」をしてあげるということとも言えるでしょう。
この初期設定を間違ってしまうと、大変です。
間違った初期設定になってしまった社員が、
問題行動の多い社員になってしまうのは当然のことです。

 

さらに、1度身についた習慣を変えるのには、

その習慣を身に付けるための時間の倍以上の時間がかかるとも言われます。

 

初めに身に付けるビジネス習慣がどのようなものかによって、
その社員の将来が変わると言っても過言ではありません。

 

それでは、いかにして初期設定をつくっていけば良いのでしょうか?
新入社員研修でどのように正しいビジネス習慣を教育するのが、良いのでしょうか?

カテゴリの最新記事

  • 平成の社員研修を振り返って
    あけましておめでとうございます。 アチーブメントHRソリューションズ「人事応援通信」事務局でございます。本年は、4月...
    2019/01/05
    詳細を読む
  • 早期離職がなくならない原因は何か?
    働き方改革が叫ばれる昨今、「労働環境は改善に向かっているのに早期離職率が低減しない」という声をよく聞きます。なぜ、こうし...
    2018/11/29
    詳細を読む