うつ病の真の原因とは

更新日: 2016年11月11日
近年、増加傾向にあると報じられるうつ病ですが、実は60~70%の確率で再発する、とても完治の難しい病でもあることをご存知でしょうか。アチーブメントでは全てのメンタルヘルス問題解決のカギは、「職場環境」にあると考えています。なぜ、「職場環境」なのか?「水槽理論」を用いて、ご説明させていただきます。
頭を抱える男性
目次:

メンタルヘルス問題解決のカギとは

近年、増加傾向にあると報じられるうつ病ですが、
実は60~70%の確率で再発する、とても完治の難しい病でもあることをご存知でしょうか。
(※再発を繰り返すとさらに再発率が高くなるそうです。)

 

ストレスチェック義務化や職場復帰の困難さなど、
人事担当の方の頭を悩ませるメンタルヘルス問題ですが、
アチーブメントでは全てのメンタルヘルス問題解決のカギは、
「職場環境」にあると考えています。

 

なぜ、「職場環境」なのか?
それを「水槽理論」で、ご説明させていただきます。

 

水槽理論

まず、職場環境を水槽の『水質』、社員をその中の『魚』と置き換えます。

魚を診断し、健康を損ねている魚がいれば、
水槽からいったん出し(休職させ)、
時間とお金をかけて治療しまた水槽に戻す、というわけです。

 

一般的なメンタルヘルス対策は、
このように水槽内の魚に焦点を当てていることがほとんどです。

 

治療をすれば、当然一旦は元気になるわけですが、
いざ元の水槽に戻すと再発してしまうことが多い、というのは先に述べたとおりです。
それはいったいなぜなのでしょうか。

 

重要な観点となるのが、「水槽内の水質」です。

 

元気になった魚も、水槽内の水質が汚れていたり、
濁っていたりすれば、また病気になってしまいます。

 

つまり、魚が自ら健康を維持できる力をつけることはもちろん、
もう一つ重要な観点として、「魚が住みやすい水質をつくる」

ということも重要であると考えています。

アチーブメントがご案内するメンタルヘルス研修では、

  1. 病気にならない一人ひとりの体質づくり
  2. 社員の働きやすい職場環境づくり

この2つを同時に行っていきます。

 

御社の研修の中でも、「魚が住みやすい水質」に目を向けてみてはいかがでしょうか。
御社の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
是非お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • たった一言で主体性は引き出せる?
    新年度から半年が経ち、新任社員も、新入社員も業務に慣れてきた時期となりますが、中々成果が出ず、体調を崩しがちという社員が...
    2017/08/26
    詳細を読む
  • 継続力を高める8箇条~新年の目標を達成する~
    新しい年となると一年の目標を立てられる方が多いですが、実際年末に一年を振り返ってみると、なかなか達成できていないという声...
    2017/01/04
    詳細を読む