ホーム / コラム / マネジメント / プライベートで悩んでいる社員に対する上司の関わり方

プライベートで悩んでいる社員に対する上司の関わり方

更新日: 2013年6月4日
プライベートで悩んでいる社員は、仕事のモチベーションに大きく影響し、仕事の成果に直結します。しかし、プライベートなことだけに、上司が根掘り葉掘りと踏み込んでいくことはNGです。 それではこういった社員に対して、上司はどういった関わり方をしたら良いのでしょうか?
目次:

「働き方」に目を向けて、問題を分析する

最近、2年目のBさんは、プライベートに関することで悩んでいるらしい。
何やら、付き合っている彼女との関係が悪化したらしく、
そのことで仕事にも身が入らないようだ。

最近では、仕事にもミスが多くなってきており、
上司のR部長は、直接そのことを聞いたわけではないが、
最近のモチベーション低下はそれが原因であると考えている。

プライベートな情報だけに踏み込むことには抵抗があるが、
仕事に影響が出ている以上、放っておくわけにはいけない。
上司のRさんは、Bさんに対してどう接すればよいだろうか。

仕事は経済活動であり、多くはチームによって成果を作り出しています。
もし、プライベートの状況が、即仕事に影響を与えるとしたら
多くの人に迷惑をかけたり、全体に進捗状況に支障をきたすことが考えられます。

 

したがって、働く人は、本来はプライベートな状況によって、
仕事のモチベーションを下げるべきではありません。

 

しかし、そうは言っても生身の人間です。
私たちの人生には、仕事とプライベートの両面が深く結びついています。

 

例えば、プライベートが仕事に影響するものとして、
病気や離婚、健康の悪化、そして最近は介護も考えられるでしょう。
このような場合、上司は様々なサポートし、配慮してあげることが必要でしょう。

しかし、Bさんのように彼女との関係が悪化することで、
モチベーションが落ち、仕事に影響している場合はどうでしょうか。

本来、上司は、個人のプライバシーにあまり関わるべきではありません。
しかし、それが仕事にも影響を与えてくるとなると、それを見過ごすことはできません。
この場合に、R部長は仕事に対してのモチベーションが落ちないように
関わっていく必要があります。
この場合は、積極的な関わりよりも、むしろ、
どのようにしたら仕事にその影響を及ぼさないようになるか、彼の話を聞いてあげ、
様々なアイデアを提供することがよいでしょう。
仕事のプライベートをきちんとわけて欲しいと要求し、
それがなぜ必要なのであるかをBさんにわかってもらう必要があります。

 

一方、上司が深入りし、プライベートなことを根堀り葉堀り聞くことはすべきでないでしょう。
そうすることによって本来R部長がするべき仕事の時間を取られてしまうというのは本末転倒です。

 

ですから、この場合に、上司の関わりは、
部下の根本的な問題を解決してあげることよりも、
仕事に影響を与えないようにする関わり方が重要です。

 

仕事の時は、仕事に集中して欲しいと、上司のRさんは伝えなければなりませんし、
Bさんもそのことに対して努力をしなければなりません。

カテゴリの最新記事

  • 組織の存在意義から改めてマネジャーに必要な力を考える。
    最近、組織変革に関するご相談をいただく際に、以下のようなお話をよくお伺いします。 「管理職に余裕がなく、部署をまとめる...
    2019/02/09
    詳細を読む
  • 心理的安全性を創出するマネジメントのポイント
    心理的安全性とは、チーム内で活動することに対する安心感のことです。これは、Googleが「成果の高いチームの共通点」を調...
    2018/08/16
    詳細を読む