ホーム / コラム / マネジメント / 失敗を繰り返す社員のマネジメント方法

失敗を繰り返す社員のマネジメント方法

更新日: 2013年6月4日
同じようなミスを犯す社員に対し、感情的に叱責しても意味がありません。社員のモチーベーションを下げるだけでなく、問題の根本的な解決にならないからです。 それではこういった社員に対し、上司としてすべき対応方法とは何でしょうか?
目次:

ミスを起こしてしまう根本的な原因を考える

入社2年目のKさんは、複数のプロジェクトを同時に進める中で、
納期を守れなかったり、関係者への連絡作業が漏れてしまうなどのミスをしてしまうことがある。
上司であるM課長の指示に従い、都度自分なりに原因を考え、改善策を出すのだが、
いまいち現場に生かされず、同じような失敗を繰り返してしまっている。

M課長はKさんをどのようにサポートすればよいだろうか。

このような問題は、どの企業においても上司の抱える課題として多くあるものです。
同じようなミスを犯す部下に対しては、ついつい
「なんでいつも同じミスを繰り返すんだ!」と一方的に怒ってしまいがちですが、
それではKさんのモチーベーションを下げるだけでなく、問題の根本的な解決にはつながりません。

 

問題には必ず原因があり、その原因が改善されなければ、問題解決はありえません。
だからこそ、Kさんに原因とその改善策を考えさせてきたのだと思うのですが、
ただKさんに考えさせておくだけにするのは効果的ではありません。
なぜなら、Kさんはまだ入社2年目の若手社員であり、
問題の分析を適切に行えていないかもしれないからです。
その状態で改善策を考えても、それは根本的な問題解決にはつながりにくく、
今回のように同じようなミスを繰り返してしまう結果になってしまいます。

 

問題の根本的な原因はどういったところにあるのか、適切な改善策はどうすることなのか。
原因を導き出し、改善策を共に考えることがM課長に求められる役割になるのです。

 

問題の原因について話す中で、例えば、
「Kさんにとってはオーバーワークになっていた」のであれば、
プロジェクト参加数を減らし、どのくらいの仕事量が適切であるのか、
細かく相談して決めることができるかもしれません。

 

また、「プロジェクトの意義をしっかりと理解しておらず、
優先順位を下げてしまっていた」のであれば、
そのプロジェクトの目的を伝え、プロジェクトの重要性を理解してもらう必要があります。

 

このように、ともに考えていくことで、原因が明確になり、
Kさんひとりでは出てこない改善策を打てるようになるのです。

 

Kさんは入社2年目のまだまだ若い社員です。
同じミスを繰り返してしまうのは、
M課長の育成上の責任であることも忘れないでください。
失敗を繰り返さないように、できるだけ早い段階で適切な改善策を見つけ出し、
Kさんがより高いパフォーマンスを発揮できるようサポートしていきましょう。

カテゴリの最新記事

  • 組織の存在意義から改めてマネジャーに必要な力を考える。
    最近、組織変革に関するご相談をいただく際に、以下のようなお話をよくお伺いします。 「管理職に余裕がなく、部署をまとめる...
    2019/02/09
    詳細を読む
  • 心理的安全性を創出するマネジメントのポイント
    心理的安全性とは、チーム内で活動することに対する安心感のことです。これは、Googleが「成果の高いチームの共通点」を調...
    2018/08/16
    詳細を読む