ホーム / コラム / マネジメント / 本番に弱い社員のマネジメント方法

本番に弱い社員のマネジメント方法

更新日: 2013年6月4日
本番に弱い社員は、どんどん萎縮し、自信を失ってしまい、会社の利益に繋がらなくなります。先天的な性格もありますが、会社がきちんとしたマネジメントをすれば、改善されることも多い事案です。 それでは、どういったマネジメントが効果的なのでしょうか?
目次:

失敗への恐れや不安を取り除く関わり

能力優秀で、社内でも高い評価を得ている入社3年目のE。
しかし、契約がかかった社外での重要なプレゼンテーションの時になると、
途端に萎縮してしまい、本来の力を全く発揮できない。
しかも最近、そのことで自信を喪失してきている様子。
どうやって彼を励ませば、萎縮する癖を克服してもらえるだろうか?

Eさんのように、本番に弱い方は珍しくありません。
普段はできているのに、本番になると、不安やプレッシャーから、
なかなか力を発揮することができないのです。
Eさんはもともと能力優秀で、社内でも高い評価を得ているとのことですので、
プレゼンテーションを成功させていくだけの力は持っているはずです。
ですから、上司の関わり方により、本番でのプレッシャーを
克服することができるようになれば、きっと素晴らしいプレゼンができるようになると思います。

 

まず必要なのが、徹底的に練習を積んでいくことです。
「できないところがある」という不安が、プレッシャーを助長してしまいます。
上司もしっかり関わってあげながら、人の何倍も、繰り返し繰り返し練習をして、
少しでも気になる部分があれば、一つひとつ潰していくようにしましょう。

 

「何度も練習を積んだ。だから、心配することはない」という自信が、
失敗への不安やプレッシャーを抑えてくれ、本番での成功へとつながります。

そして、本番では、上司が
「失敗しても良い。責任は私が取るので大丈夫だ」ということを伝えてあげましょう。
人は失敗してはならないと思うと、大きなプレッシャーを感じるものです。
「失敗しても良いから思いっきりやろう」とEさんが思うことができれば、
ずいぶんプレッシャーから解放されるはずです。

 

逆に、「絶対に成功させろ。失敗してはならない」
ということは、絶対に言ってはいけません。
余計なプレッシャーをかけてしまい、かえって失敗を引き起こし、
プレゼンが上手くいかなくなってしまう可能性があります。
終わった後は、反省会をしっかりと行うようにしましょう。
良かった部分はきちんと評価してあげてください。
また、さらに改善することができる部分はないかどうかを話し合い、
次回に生かしていくようにしましょう。

 

上司がこのような関わり方をしていくことで、Eさんは次第に自信を取り戻し、
きっと社内で右に出る人がいないほど、素晴らしいプレゼンができるようになっていくことでしょう。

カテゴリの最新記事

  • 組織の存在意義から改めてマネジャーに必要な力を考える。
    最近、組織変革に関するご相談をいただく際に、以下のようなお話をよくお伺いします。 「管理職に余裕がなく、部署をまとめる...
    2019/02/09
    詳細を読む
  • 心理的安全性を創出するマネジメントのポイント
    心理的安全性とは、チーム内で活動することに対する安心感のことです。これは、Googleが「成果の高いチームの共通点」を調...
    2018/08/16
    詳細を読む