ホーム / コラム / マネジメント / 文句が多い上司のマネジメント方法

文句が多い上司のマネジメント方法

更新日: 2013年6月4日
文句が多い上司は、職場の雰囲気を悪化させます。社内で文句を言うことが部下の仕事に対する姿勢にどのような影響を与えているのか、という想像ができていないために起こっているのです。 そこで会社としてすべきマネジメント方法とは何でしょうか?
目次:

言葉の影響を自己評価させる関わり

新しく配属されたH係長は、普段は人当たりもよいが、
部下がミスをしたりするなど、仕事が思い通りすすまないと、
社内で文句を言ってしまうところがある。
そのせいで雰囲気が悪くなり、
部下もミスをしないようにと守りの仕事しかやらなくなっている。
もう少し社内に対する影響も考えてほしいが、本人はあまり自覚がないらしい。
どのように声をかけて改善を促せばよいだろうか?

このような場合、上司は、「社内で文句を言うのはやめなさい」と
表面的な注意にとどまることをしてはいけません。
なぜなら、社内で文句を言うことが
部下の仕事に対する姿勢にどのような影響を与えているのか、
ということに対して本人に自覚がないと、根本的な改善にはつながらないからです。

 

まず最初に、上司はH係長に対して、

「一体どういう職場を作っていきたいのか」
「部下にどうなってもらいたいのか」

ということを尋ねましょう。
そのことをしっかり聞いた上で、「いま実際何をしているか」ということについて尋ねます。
もし、本人から出てこなければ、文句を言いがちであることを、
ちゃんと指摘しなければなりません。

 

そのことによって職場はどんな雰囲気になっているのか、
理想の状態になっているのか、きちんと本人に考えてもらう必要があります。

 

いまは、残念ながら雰囲気が悪くなり、
部下もミスをしないように守りの仕事をやりがちになっている、
ということについて本人の自己評価を促していくことが大切です。

 

その行動が理想とする状態をつくり出す上で効果的でない、
という自覚がないと改善は起こりません。

 

そもそもどういう職場を作り出したいのかということ、
そして、文句を言うことが役に立っているかということ。
そのことについて自己評価することで改善が促されます。

 

恐れはメンバーの自己概念を下げ、萎縮させてしまいます。
アチーブメントが基礎理論としている選択理論には、
人間関係を壊す7つの習慣として、
「批判する・責める・罰する・脅す・文句を言う・ガミガミ言う・褒美で釣る」
というものがあります。
これら外からの強制では、創造力に富んだ仕事は生まれにくくなります。

 

逆に、身につけたい7つの習慣である
「傾聴する・支援する・励ます・尊敬する・信頼する・受容する・違いについて交渉する」
という文化をつくっていくのが良いでしょう。

 

H係長も普段は人当たりもよく、人の気持ちを汲み取る力はあるので、
恐れのない職場づくりをともに目指して下さい。

カテゴリの最新記事

  • 組織の存在意義から改めてマネジャーに必要な力を考える。
    最近、組織変革に関するご相談をいただく際に、以下のようなお話をよくお伺いします。 「管理職に余裕がなく、部署をまとめる...
    2019/02/09
    詳細を読む
  • 心理的安全性を創出するマネジメントのポイント
    心理的安全性とは、チーム内で活動することに対する安心感のことです。これは、Googleが「成果の高いチームの共通点」を調...
    2018/08/16
    詳細を読む