ホーム / コラム / マネジメント / 褒めることが苦手な上司をマネジメントする方法

褒めることが苦手な上司をマネジメントする方法

更新日: 2013年6月4日
褒めることが苦手な上司がいると、部下がなかなか成長できず、チーム内での雰囲気が悪くなり、結果が伸びません。結果、会社としての成長が鈍化していく原因となります。 それでは、こういった上司がいた場合、会社としては、どのようなマネジメントを行えば良いのでしょうか?
目次:

自分にあった「承認」の方法をみつける

寡黙な一匹狼タイプながら、設定した目標は必ず達成してきたNさん。
その成果が認められてマネジャーとなってからは、
部下とコミュニケーションをとるよう努力してきたが、
「褒める」ことが苦手で、意識して褒め言葉をかけてみても、
思ったような手応えがなく、悩んでいる。

このような場合、上司としてNさんにどのようなアドバイスをしてあげるのが良いだろうか?

優秀な営業マンからマネジャーとなった多くの人が最初に突き当たる壁が、
「部下とどのようなコミュニケーションを取り、指導すればいいのか」
ということではないでしょうか。
その中でも特に難しいのが、部下を「褒める」ということかもしれません。
特に、一匹狼タイプで頑張ってきたNさんにとっては、ハードルが高いのでしょう。

 

そもそも「褒める」という行為にはどのような意味があるのでしょうか?
「褒める」とは、部下の行動や考え方に対して、上司が

 

『具体的な承認を与える行為』

 

である、といえるのです。

 

一方で、今回のようにいざ「褒めなくては……」となると身構えてしまい、
言葉だけが先走って伝わりづらくなってしまう、ということも少なくありません。

 

ここでポイントとなるのが、

 

「『承認を与える行為』でありながら、より心理的なハードルが低いものからスタートする」

 

ということです。

 

例えば、「ありがとう」「あなたのおかげで助かっています」といった
『感謝の言葉をかけてみる』ことから意識してみるよう、
Nさんに伝えてみてはいかがでしょうか?

 

『感謝の言葉』も立派な承認の行為であり、
そういった心理的なハードルが低いものからであれば、
Nさんも自然と行なえるかもしれません。

 

無理して「褒めようとせず」、
まずは「感謝を伝える」という形で「承認」を積み重ねてみる。
そうする中で、部下との信頼関係も自然と構築され、
「褒めようとせずとも褒められる」ようになっていくかもしれません。

 

自分自身の経験などを交えながら継続的にNさんの相談に乗り、
具体的な褒め方をアドバイスしていきましょう。

 

一朝一夕に解決する課題ではないかもしれませんが、
部下を「褒めよう」と努力しているNさんであれば、
必ずやマネジャーとして成長を遂げてくれることでしょう。
自ら変わろうとしていることに対して、
上司としての励ましを忘れることなく、是非しっかりと支援を続けてあげてください。

カテゴリの最新記事

  • 組織の存在意義から改めてマネジャーに必要な力を考える。
    最近、組織変革に関するご相談をいただく際に、以下のようなお話をよくお伺いします。 「管理職に余裕がなく、部署をまとめる...
    2019/02/09
    詳細を読む
  • 心理的安全性を創出するマネジメントのポイント
    心理的安全性とは、チーム内で活動することに対する安心感のことです。これは、Googleが「成果の高いチームの共通点」を調...
    2018/08/16
    詳細を読む