ホーム / コラム / マネジメント / なぜ部下をやる気にさせられないのか?

なぜ部下をやる気にさせられないのか?

更新日: 2016年11月17日
「部下をやる気にさせる力を高めるための管理職研修をしてほしい」 そういったご要望をいただくことはよくあります。しかし、結論から言うと、部下をやる気にさせることはできません。では、私どもが提供する「部下がやる気になる」研修とはどのようなものでしょうか。
目次:

なぜ部下をやる気にさせられないのか?

先日大手メーカー子会社A社より、
「部下をやる気にさせる力を高めるための管理職研修をしてほしい」と
ご要望いただきました。

 

こうしたテーマのご要望は非常に多くいただきます。
もしかしたら御社でも、実施を検討したことがあるかもしれません。

 

しかし、こういったご要望に対して、
まず私たちがお伝えさせていただくのは、
「部下をやる気に“させる”ことはできない」
ということなのです。

 

上司が部下をやる気に“させよう”“変えよう”と思えば思うほど、
上司の思い通りにはいきません。人間関係も壊れていきます。

 

私たちが基礎理論と採用している選択理論心理学では、
「他人を直接“変える”ことはできない」と考えています。

 

では、上司にできることはないかというと、そうではありません。

上司ができることは、
「部下自身がやる気に“なる”」支援です。

 

部下が内発的に「頑張りたい」「やりたい」と思う状況を
いかに用意し、支援するか、ということが部下育成において重要なのです。

 

上司が部下の願望を明確にする支援をし、
部下が常に願望に向かって、効果的な行動をし続けられるよう支援することで、
「部下がやる気に満ち溢れる」状態を創り続けることができるのです。

 

私たちが行う研修では、
「部下の願望」を引き出すために
日々上司自身がどのようなコミュニケーションを取っているのか、
体験ワークを通して、現在地を把握します。

実際に、A社でも、その体験ワークを通して、
多くのご受講生が自己評価をされていました。

「傾聴しているつもりでも、
 実は答えを持ちながら話半分で聞いていたことに気づいたよ」
「今の私のコミュニケーションでは、
 部下は自分の願望を話す気にならないかも」
そんな言葉も聞かれました。

 

その後、部下の願望を引き出すためのロールプレイを
部下役・上司役2人ペアで実施し、
実際に部下役の願望を引き出してもらう体験をしました。

ご受講生自身も、これらの体験を通して、
「これほど真剣に部下の話を聴いたことなんてなかったな。
 これからはもっと興味を持って、部下の話を聴こう」と決意されていました。

「部下の願望を明確にし、その支援をする」
その上司の関わりこそが、
「部下がやる気になる」という結果につながるのです。

 

御社でも部下が自ら「やる気」になる支援をいかにするか、
ということを、管理職研修の一環に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

今後の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
下記お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 「ゆとり世代」の教育から次世代に向けた教育へ
    「団塊世代」「しらけ世代」「新人類世代」「氷河期(ロスジェネ)世代」・・・。どの世代も一括りにされ、批判に晒されてきまし...
    2019/07/11
    詳細を読む
  • 早期離職がなくならない原因は何か?
    働き方改革が叫ばれる昨今、「労働環境は改善に向かっているのに早期離職率が低減しない」という声をよく聞きます。なぜ、こうし...
    2018/11/29
    詳細を読む