ホーム / コラム / 社員研修 / 19卒新入社員の育成を成功させるポイント

19卒新入社員の育成を成功させるポイント

更新日: 2018年9月10日
採用競争が激しい昨今では、獲得できた人材を活躍できる一人前の社員へと育成できるか否かが企業の競争力に大きな影響力を及ぼします。そこで今回は、19卒社員を育成していくためのポイントをご紹介いたします。
目次:

19卒新入社員の採用動向

売り手市場の昨今、新卒採用の難易度は年々難しくなっています。
大卒求人倍率は高水準で推移しており、
300名以下の企業の求人倍率に関しては9.9倍という
未曾有の数字を叩き出しているほどです。

一方で、就職活動生に対しての企業側の声としては、
「年々、学生の質が下がっているような気がする」という声を
聞くことも多く、採用基準を見直したという企業様も多いようです。

・主体性がない
・チャレンジ精神がない
・安定志向である

上記のような評価は
ゆとり世代が就職活動に取り組むようになってきた
2011年ごろから言われ始めていますが、
確かに、便利な時代に生まれ、不景気を幼少期に経験したことから、
上記のような傾向にあると言われています。
しかし、仕事においてもそれはあてはまるのでしょうか?
 

ミレニアル世代の実態とは?

ここからは「ミレニアル世代」と言われるである学生たちの実態と、
彼らが何を求めているのかについて紹介していきます。

就職活動をしている学生に対して行ったあるアンケートにおいて、
入社後に何を求めているかを調査したところ、
「活躍でき評価されればやりたいことでなくても良い」と答えた学生が46%、
「自分のやりたいことにチャレンジしたい」と答えた学生が36%と、
実に8割以上の学生が意欲的な回答をしています。

また、「どのような企業に魅力を感じるか」という項目については、
70%以上の学生が「成長できる環境がある」という項目に回答しているのです。

つまり、「今の学生は安定志向である」と安易に考えるのは禁物なのです。
 

19卒新入社員の育成を成功させるポイント

ここまで現代学生の実態についてご説明しました。
これを踏まえて、新人育成企画を成功させるポイントを
抑えていきましょう。
新人育成企画を成功させるポイントは大きく2つです。

成長を掴みとることの楽しさを体感する

現代学生は成長を求めていることが多いと先ほど、
説明をしましたが、働いたことのない新卒学生にとっては
働くことに対して様々な不安を抱いています。
特に、成長できるのかどうかという点については働くまでわからないため、
不安に思う学生が多いです。
そこで、自社の仕事内容に似たしたシミュレーションゲームなどを企画し、
意図して成長を実感させる方法が有効です。
ここで成長実感を得ることで、不安を払しょくし、
成長することに対する正しいマインドセットをすることができます。

会社で成長し、活躍するイメージを創る

新入社員の初期研修では、自社の知識をインプットしたり、
説明をするようなセッションが多いようです。
ただ、インプットが多すぎてしまうと、
仕事に対する期待感が薄れたり、
成長に対する肯定的なイメージを持ちにくくなります。
研修の中で、どんな仕事がしたいか、
どんな社会人になりたいかなど、
新入社員それぞれの理想像を描く時間をとることで、
仕事に対して肯定的なイメージを醸成することができます。
先輩社員から仕事の魅力ややりがいについて
お伝えする機会をつくってもいいでしょう。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?
苦労して採用した新入社員だからこそ、大切に育てていきたいですよね。
「成長」をキーワードに、新入社員がワクワクし、
この会社で成長したいと思えるような新人育成企画にしていきましょう。

 

弊社では、新人育成企画成功のためお役に立てる情報を取り揃えております。

情報をご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • 19卒新入社員の育成を成功させるポイント
    採用競争が激しい昨今では、獲得できた人材を活躍できる一人前の社員へと育成できるか否かが企業の競争力に大きな影響力を及ぼし...
    2018/09/10
    詳細を読む
  • 18卒新入社員の傾向と19新卒の育成ポイント
    最近に始まったことではありませんが、18卒社員の特徴としては、「仕事よりもプライベート重視」「競争よりも協調」「安定性の...
    2018/08/09
    詳細を読む