ホーム / コラム / 理念浸透 / 社員研修の原点

社員研修の原点

更新日: 2012年3月20日
人材育成を大きな柱としているアチーブメントHRソリューションズでは、目の前の仕事で忙殺されると、つい忘れがちになることです。 しかし、先日、そういった社員研修の原点を思い出させる出来事が起きました。 では、そもそも社員研修を行う目的や原点とはどういったものなのでしょうか?
目次:

社員研修の原点とは?

先日、一風変わった問い合わせをいただくことがありました。

 

普段、お問い合わせをくださるのは、
人事担当者や社員教育を担当する経営者の方がほとんどなのですが、
そのお問い合わせは、“システム系会社の営業部長”の方からのものでした。
以下では、K様とさせていただきます。

 

K様に詳しく話を伺ってみると、
以前、単発の研修を行ってみたものの、
参加者からの評価が芳しくなく、現場への効果性もいまいちだったとのこと。

 

その結果、全社的に「教育研修」に対してネガティブな印象が残ってしまい、
人事が社員教育に対してアクティブに動きづらい状況があるそうです。

 

その会社は、10年も経たないうちに人材が入れ替わるようで、
気がつけば、K部長は社歴が一番長い存在になっていました。

 

人材が入れ替わる中で、会社に価値観が浸透せず、各部署は分離している現状…。
同じ目的のために集う組織のはずなのに、
一枚岩になれないもどかしさを感じている、とのことでした。

 

『自分が一番長くいるからこそ、この会社をよくしたい』
『もっと、幸せに働ける会社にしたい』

 

人事担当者ではないK部長ですが、真剣に仲間の幸せを思い、
会社の未来を変えていこうという真摯な想いで、
弊社で行った体験セミナーに足を運んでくださったのです。

 

「人事」という存在は、社員を客観的に見ながら、付き合っていかなければならない側面があります。
社員と適正な距離感を取ることが求められるため、
時には、批判的な言葉を受けることもあるのではないでしょうか。

 

しかし、K部長のように、会社や仲間のことを心から思い、
改善していこうという想いを持っている社員が御社の中にもいらっしゃるはずです。

 

いま、考えている研修企画は、一体なんのために行われるのでしょうか?
・受講する社員の幸せをつくりだすため
・会社の成長スピードを高めるため
・会社のビジョンを実現するため

 

その原点になる想いは色々あることと思います。
共に会社を良くしようと考える同志の存在を思い、教育研修の原点に立ち帰る。
その結果、最良の研修企画の構築につながることもあるのではないでしょうか。

 

ちなみに、、、
今回ご紹介したK部長ですが、その想いに応えるべく、
現在、研修提案をさせていただいております。

 

すでに社内に醸成されている風土もあるので、
一筋縄にはいかないかもしれませんが、
K部長の想いの限り、ご一緒させていただけれと思うばかりです。

 

今後の企画に向けて、何かお役に立てることがありましたら、
下記お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

カテゴリの最新記事

  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む
  • 女性活躍推進への対策と傾向
    女性活躍推進法とは、職場における女性の活躍を推進することを、企業などの雇用主に義務付けた法律です。この法律は2015年9...
    2016/12/26
    詳細を読む