ホーム / コラム / 理念浸透 / 組織改革で重要なポイントとは

組織改革で重要なポイントとは

更新日: 2013年2月26日
組織改革で重要なポイントとは、どういったものなのでしょうか?社員の価値観や理想のライフスタイルが多様化している現在、トップダウンでの組織改革は、なかなか成功しません。 では、グローバル社会である現代において、組織改革において、重要なポイントとはどういったものが挙げられるのでしょうか?
目次:

組織改革で重要なポイントとは

平成で安倍政権へ交代後、
日経平均株価の高騰などがメディアで取り上げられていますが、
未だ厳しい時代環境が続いていることに変わりはありません。

 

外を見れば、日本企業には
国際経済の中における存在意義がこれまで以上に求められ、
中を見れば、社員の価値観や理想のライフスタイルが多様化し、
新たな求心力の源泉が必要とされています。

 

私たちも、多くの企業様にお伺いすると、
ご担当者の方からこのような課題意識を投げかけられることが多いのですが、
そうした中でも、状況を打開する一つの“鍵”として
改めて注目を集めているものがある、と感じています。

 

それは、「企業理念」です。

 

以前、東洋経済新報社主催の
「ウェイマネジメント・フォーラム2013」というイベントに、
弊社代表の青木が登壇させていただいたのですが、
このイベントも、企業理念の浸透を通して、組織変革の道を探るものでした。

しかし、いざ、「企業理念」の浸透を進めようとしても、
これまで醸成されてきた風土などが邪魔をし、
「なかなか思うようにいかない」というご相談を受けることも少なくありません。

では、どうすれば、理念浸透を促進し、組織変革を起こすことができるのでしょうか。
より詳しい情報をお求めの方は、是非下記問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

カテゴリの最新記事

  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む
  • 女性活躍推進への対策と傾向
    女性活躍推進法とは、職場における女性の活躍を推進することを、企業などの雇用主に義務付けた法律です。この法律は2015年9...
    2016/12/26
    詳細を読む