ホーム / コラム / 理念浸透 / 実際の「行動」に繋げることは、非常に難しい

実際の「行動」に繋げることは、非常に難しい

更新日: 2013年12月18日
頭に考えていることを実際の「行動」に繋げることは、非常に難しいことです。たとえ、知識として知っていても、いざ行動に移そうと思っても、経験がなかったり、躊躇したり、とまどったりするものです。では、これを「会社」に置き換えると、どうでしょうか?少し考えてみたいと思います。
目次:

理念を行動で体現する難しさ

先週、心温まるニュースがありました。

JR南浦和駅でホームと車両の間に落ちた女性を
乗客と駅員が力を合わせて救出した、というニュースです。

 

他人事と捉えず、誰もが責任感を持って行動されたその姿に
「本当に素晴らしいな」と私も感じました。

 

「困っている人がいれば助ける」と、聞けば当たり前なことも、
いざ実際に行動するとなると難しいものですが、
それは、企業における経営理念についても同じことが言えるのではないでしょうか。

 

言葉としての「理念」は知っていたとして、
それが実際の「行動」にまでつながるのは、決して簡単なことではありません。

 

会社の経営理念に向かって主体的に行動する社員をいかにして育成するのか。

 

こういったポイントについては、
アチーブメントのセミナーでもお伝えしておりますので、
もしご興味ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

カテゴリの最新記事

  • 最近の新人・若手育成のキーワード「自分らしさ」とは?
    今年は、日本生産性本部が毎年発表していた新入社員のタイプの発表がありませんでしたが、皆さんの会社の新人はどのようなタイプ...
    2018/07/13
    詳細を読む
  • 若手社員の離職を防ぐには?3年3割の壁を超える方法
    若手社員の離職が多く、人材に厚みが出ない。そんな悩みを抱えている人事担当者の声を耳にします。せっかく入社してくれた社員が...
    2018/06/01
    詳細を読む