ホーム / コラム / 理念浸透 / 実際の「行動」に繋げることは、非常に難しい

実際の「行動」に繋げることは、非常に難しい

更新日: 2013年12月18日
頭に考えていることを実際の「行動」に繋げることは、非常に難しいことです。たとえ、知識として知っていても、いざ行動に移そうと思っても、経験がなかったり、躊躇したり、とまどったりするものです。では、これを「会社」に置き換えると、どうでしょうか?少し考えてみたいと思います。
目次:

理念を行動で体現する難しさ

先週、心温まるニュースがありました。

JR南浦和駅でホームと車両の間に落ちた女性を
乗客と駅員が力を合わせて救出した、というニュースです。

 

他人事と捉えず、誰もが責任感を持って行動されたその姿に
「本当に素晴らしいな」と私も感じました。

 

「困っている人がいれば助ける」と、聞けば当たり前なことも、
いざ実際に行動するとなると難しいものですが、
それは、企業における経営理念についても同じことが言えるのではないでしょうか。

 

言葉としての「理念」は知っていたとして、
それが実際の「行動」にまでつながるのは、決して簡単なことではありません。

 

会社の経営理念に向かって主体的に行動する社員をいかにして育成するのか。

 

こういったポイントについては、
アチーブメントのセミナーでもお伝えしておりますので、
ご興味がございましたら、是非お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
専門のコンサルタントから折り返しご連絡させていただきます。

関連サービス

関連記事

カテゴリの最新記事

  • ぶれない次世代リーダーを育成するポイント
    近年急速に変化する時代の中で変化に対応できるぶれない次世代リーダーの育成が急務になっています。 しかし、様々な企業の現...
    2015/08/11
    詳細を読む
  • 経営理念の浸透度を数値化する「理念浸透サーベイ」
    全社員に対し、各企業の経営理念の浸透度を数値化する「理念浸透サーベイ」というサービスを新しく開発しました。このサービスに...
    2014/02/25
    詳細を読む